イップスは心(メンタル)が原因ではなかった

まずは客観的な状況把握から

トレーニングサポート研究所は、スポーツを愛する全てのプレイヤーが、イップスに屈することなく全力で競技に打ち込めるよう、サポートしています!

イップスとは?

医学的には職業性ジストニア或いは局所性ジストニアと考えられています

「イップス(yips)」という言葉は俗称です。医学的には「職業性ジストニア」或いは「局所性ジストニア(フォーカル・ジストニア)」として考えられています。尚、イップスは、心(精神面)が原因ではありません。

【最新情報】
「2020年9月2日 NHK BS2 又吉直樹のヘウレーカ」工藤和俊氏のコメント
大阪大学大学院医学系研究科 神経内科学講座のHPにも、イップスは、ジストニアとの類似点を指摘。
※その他信用、信頼できる情報源やイップスの研究者は当サイト内でも紹介していますので参考にしてください


長らくイップスは、原因不明だと考えられてきました。その為、精神的なことが原因ではないかと推測され、不安神経症、強迫神経症等と解釈されてきました。正体がわからなかった為、そのように解釈せざるを得なかったのでしょう。


また、イップスは外傷も、痛みも、痺れもありません。ある特定の動作に限り、それまで当たり前に出来た一連の動作(例:投球動作のみ)が突如出来なくなり、動作に不具合が生じてしまう症状です。
プレッシャーがかかると、症状が余計にエスカレートしてしまうことから、あたかも心(精神面)に原因があるかのように推測されてきました。尚、イップスは他の動作では全く問題ありません。


イップスと心(精神面)の関係については、工藤氏がNHKで解説して下さっている通りです。イップスという運動障害になってしまった為に、二次的に心(精神面)に影響が及んでいるということです。
このような心(精神面)への影響は、他の運動障害や怪我により機能的(意図的)に身体が動かなくなった結果、動作に不安を抱えてしまったり、ネガティブなセルフイメージを描いてしまうことと同じような状況です。数十年に渡って誤った情報、偏った情報が発信され続けていますので注意が必要です。


以下、イップスについて、既に明らかになっている情報を提供していきます。

※文中に「イップス」の文言以外に、「職業性ジストニア(局所性ジストニア、フォーカル・ジストニア)」といった複数名称が出てきますが、俗称と医学的な呼称の違いとして読み進めてください。

イップスは、こころの病ではなかった

脳の構造変化による運動障害であることが解明

長らく正体がつかめなかった「イップス」でしたが、最近の学術研究(神経科学)によって、脳の構造変化による運動障害であることが解明されてきました。
以下、それらを記した神経科学、スポーツ心理学の研究者である工藤和俊氏(東京大学)の解説を引用します。

「職業性ジストニアは、筋や腱、あるいは脳における器質的原因が特定できなかったため、かつては神経症の一部に分類されていた。すなわち心理的要因による「こころの病」であると考えられていた。しかしながら、神経症の診断テストを実際に行ってみると、これら職業性ジストニア患者のスコアは健常者と変わらなかった。また、熟練ゴルファーを対象とした研究においても、イップス罹患群と非罹患群との間で神経症スコアに差は見られなかった。これらの知見により現在では、職業性ジストニアやイップスは神経症ではないと結論づけられている」

工藤和俊. “イップス (Yips) と脳 (特集 脳の前頭機能と運動).” 体育の科学 58.2 (2008): 98.

器質的原因とは、内臓や筋肉の損傷がある原因のことです。神経症とは、主に心理的原因によって生じる機能障害のことを指します。

「職業性ジストニア」や「イップス」は心の病ではなかった図

このように2008年、イップスの学術的な解説文が既に発表されています。今から10数年以上も前のことです。現在の一般的なイップスの認識とは大きく乖離していることが、この文献から見ても分かります。

イップスは、脳の構造変化の結果である

脳の活動範囲が変化し、複数領域がオーバーラップしてしまう

工藤氏はその後、イップスの原因について、他の文献にて更なる解説を加えています。

「何度も練習しているはずなのに、いざ運動しようとするとうまくできなくなってしまう。これがイップスと呼ばれる症状です。病名としてはジストニアに相当し、神経症とは関係ないことがわかっています。近年の研究により、イップスは同一動作の過度の繰り返しにより脳の構造変化が起きることで発症しうることが明らかになっています。脳には身体部位に対応する感覚運動領域が規則的に並んでいます。同一パターンの動作を繰り返し行い続けると、感覚運動野の興奮が高まるとともに活動範囲が変化して複数の領域がオーバーラップし、独立していた部分が合わさってしまいます。これにより、体部位再現性が失われて、意図とは異なる運動が現れたりしてしまいます。完璧主義の人はイップスにかかる例が多いのですが、できるようになるまでやらないと気が済まないという行動特性があるためです。また、力が入っている状態でも感覚運動野の興奮性が高まるため、力みやすい人も注意が必要です」                  

工藤和俊著 『スポーツと脳との関係』 Coaching Clinic 201503
脳内で起こる神経伝達のオーバーラップイメージ図

上記解説文から、イップスは、過度な同一動作の繰り返しが原因であることが分かります。その結果、感覚運動野が興奮してしまい神経がオーバーラップする(重なる)ことでイップス(局所性ジストニア)となり、意図とは異なる動きが出現してしまうことがわかります。

工藤氏の解説を以下のイラストで補足します。以下図①は、大脳皮質の断面図を表しています。大脳皮質の表層部分(朱色部分)には、規則的に並んでいる感覚運動野があります。
                                <図①>

大脳皮質の断面図

例えば「手首」と「ひじ」の位置を御覧ください。共に隣接しているのが見て分かります(吹き出し部分)。上述の工藤氏の解説を野球の投球で例えて考えると、「手首」と「ひじ」の連動、つまり、テイクバック~リリースの間の一連の動作を想像することが可能です。イップス(局所性ジストニア)を体験した方であれば、合点がいくのではないでしょうか。

フォーカル・ジストニア(局所性ジストニア)

演奏者が思い通りに手指を動かせなくなってしまう

もう一方ご紹介します。局所性ジストニア(フォーカル・ジストニア)の病態研究で、数多くの実績を上げている、古屋晋一氏である。古屋氏は、元ピアニストでもあり、研究者でもあります。以下古屋氏の書籍の一部を引用します。

「フォーカル・ジストニア(局所性ジストニア)とは、聞き慣れない名前かもしれません(中略)発症しても痛みやしびれは伴いません。しかしピアノを弾こうとすると、意図せず手指の筋肉に力が入って固まってしまったり、動かそうと思っていない指が動いてしまったりと、思い通りに手指を動かせなくなる病気です。(中略)ゴルフでは、パッティングのときだけ身体が固まって動かなくなる『イップス』という病気がありますが、これもフォーカル・ジストニアとの関連が指摘されています」
「フォーカル・ジストニアを発症すると、手指が動かせなくなるため、速いパッセージを演奏することが困難になります。さらに指を伸ばす動きが難しくなるので、鍵盤から持ち上げるために時間がかかってしまい、音の長さが長くなったり、リズムが不正確になってしまいます。このように、フォーカル・ジストニアとは、思い通りに演奏ができなくなってしまう、とても恐ろしい病気なのです」


古屋晋一著『ピアニストの脳を科学する』118、119P引用
痛みはない、痺れもない、だが以前の動きができない苦悩図

ピアニストの手指の連動と、野球の投球における肩肘、手首等の連動する神経回路の違いはありますが、奏者と選手に起きていることは同様の症状ではないでしょうか。

フォーカル・ジストニア 3つの特徴

更に古屋氏は、フォーカル・ジストニアには以下3つの特徴があると解説しています。

脳からの指令を抑制できなくなる

フォーカル・ジストニアによって脳内に起こる変化として、まず第一に挙げられるのが、脳から筋肉に送られる命令を「待て!」と抑制することができなくなる、ということです。(中略)なお、動作の抑制に関わる脳の部位として、大脳基底核というところが脳の奥深くにあります。フォーカル・ジストニアを患うと、この大脳基底核の一部である被殻の大きさが、大きくなることが知られています。(中略)おそらく、フォーカル・ジストニアを発症し、大脳基底核の抑制機能が低下することで、他の脳部位から被殻へ送られてくる情報を十分に抑制できず、たくさんの信号が送られてしまうために、被殻がいっそう大きくなるのではないかと考えられています」
※被殻とは、運動系機能を司る役割。運動の強化学習に影響する部位。


古屋晋一著 春秋社 『ピアニストの脳を科学する』121~127Pより引用

②手指の地図が書き換えられてしまう

フォーカル・ジストニアによって脳内に起こる2つ目の変化は、身体から脳に送られる情報を、適切に処理できなくなるということです。つまり、皮膚や筋肉の感覚を処理する脳の神経細胞に、好ましくない変化が起こってしまうということです。(中略)ジストニアを患うと、脳の中での部屋同士の区切りが曖昧になってしまい、いわゆる相部屋のような状態になってしまいます。上述図①と合わせて御覧いただくと分かりやすいかと思います。ある部分の脳内地図(部位)が書き換えられてしまい、意に反する動きが表れるということかと考えられます。

古屋晋一著 春秋社 『ピアニストの脳を科学する』121~127Pより引用

③必要のない筋肉まで働いてしまう

フォーカル・ジストニアを発症すると、ある筋肉を使う際に、その周りにある複数の筋肉も「つられて」一緒に収縮してしまいやすくなるという変化です。(中略)つまりある筋肉を使うと、その筋肉の働きを手助けする筋肉が一緒に働くだけでなくて、協力する必要のない筋肉までもが一緒に収縮しやすい状態になっていたのです。そのため、たとえば親指で打鍵しているときに、自分では意図していないのに小指が一緒に動いてしまうといったことが起こるわけです。(中略)通常、手指の筋肉のうち、ある一つが収縮しているときには、その筋肉に指令を送る神経細胞は活性化し、その周りの筋肉に指令を送る神経細胞は活動しにくい状態になります。つまり、ある筋肉を使っているときには、周りの筋肉が一緒に収縮してしまわないような 脳のしくみになっているわけです。

古屋晋一著 春秋社 『ピアニストの脳を科学する』121~127Pより引用

古屋氏曰く、世界中の音楽家の50人に1人は、フォーカル・ジストニアに悩まされているとのことです。つまり2%の割合です。野球や他の競技においても、もしかすると、同等の割合或いはもっと多い割合で悩んでいる選手がいるのかもしれません。

イップス、ジストニア等の呼称の分類

業種により症状の呼び名が違うことに注意

ここで呼称の整理をしておきます。ご自身もフォーカル・ジストニアを患った経験のある、仁愛大学 人間生活学部の中野研也氏がまとめてある表を参考にします。以下図②の一覧表を御覧頂ければお分かりですが、各領域において呼び名が違うのが分かるかと思います。

                                <図②>

職業呼称主な症状
スポーツ選手イップス(yips)痙攣や硬直など、医師とは別の動きを起こす。強い集中力や繊細さが求められる場面において特に多く現れる。
【野球選手】
投手・内野手に多く、暴投や悪送球などを起こす。
【プロゴルファー】
パッティング時が特に多く、正確なショットが打てなくなる。
【弓道・アーチェリー】
弓を引いたらすぐに離してしまう。或いは弓を引いたママ弦を離せなくなる。
作家・ライター書痙文字を書くことを職業とする人が、執筆する時にだけ手が震え、正常に文字を書くことができなくなる。
演奏家演奏家のジストニア【鍵盤楽器・弦楽器・打楽器奏者】
手指や腕が意思とは違った動きをする。(曲がり過ぎ・伸び過ぎ・硬直など)
【管楽器奏者】
アンプシュア(楽器を吹く時の口の形およびその機能)のコントロールが効かなくなる。
【歌手】
特定の音域またはフレーズにおいてのみ、喉やその周辺が痙攣または硬直し、思い通りの声が出せなくなる。

中野研也. “演奏家のジストニアの実践的対処法に関する考察− 演奏者の視点から−.” (2016).118P.一覧表をもとに作成

➡「イップスの原因」