イップス克服コーチングのよくある質問

イップス克服コーチングのよくある質問

Q1:どのような方が受講されていますか?

A, 10歳(小学4年生)~50代後半(成人)まで受講されています。

少年野球選手、草野球選手~プロ野球選手まで(高校生、大学生、社会人が多い)。男女比は約99%が男性。約1%が女性(野球、ソフトボール、テニス、ゴルフ、ダーツ、ハンドボール、書痙)。尚、小学生、中学生のお子さんで受講をご希望の場合は、保護者様も同席していただくようお願いしています。

Q2:ポジションに関係なく指導してもらえますか?

A, はい、大丈夫です。

Q3:1回の受講で必ず改善しますか? 手応え(効果)は感じられるものでしょうか?

A, 改善度合いには個人差があります。その点はご承知おきください。ただ1回の受講で大幅に改善、克服される方も多くいらっしゃるのは事実です。

・改善の実感は、概ね数週間或いは2~3ケ月は必要かと思われます。何故なら、それまでの違和感ある動作が強固に定着しているためです。
・「イップス」と「チョーキング」の違いを知るだけでも気分がスッキリされる方が多いです。
・受講後、「今後、何を、どのように練習を行えばよいのか」その方法もお教えします。
※諸々ご不安な方は「受講者メッセージ」をご覧下さい。または「事務所概要・お問合せ」に直接ご連絡ください

Q4:ベーシックコースでも内容は十分ですか?改善可能ですか?

A, ベーシックコースが基本です。計120分の指導時間があります。

尚、プラスワンコース、プレミアムコース(出張指導含む)は、ベーシックコースに微調整の練習時間をプラスαしたコースです。主に遠方で中々指導が受けられない方や、受講するなら集中してきっちり学びたい方がお受けになられています。

Q5:投球フォームを強制的に変更することもあるのでしょうか?

A, いいえ。投球フォームを強制的に変更することはありません。

症状によっては結果的にフォーム変更となる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、あくまでも本人の意思(保護者)を尊重のうえ、アドバイスを行います。※当所は、イップスで失った機能的な運動連鎖を取り戻していただくのが主旨です。

Q6:どこで指導を受けられますか?また地方に来ていただくことは可能でしょうか?

A, 現在は神奈川県相模原市の屋内施設を一部貸切り(2~4時間まで)指導しています。地方出張も可能です。

これまで沖縄県、福岡県、佐賀県、山口県、愛媛県、高知県、兵庫県、大阪府、京都府、三重県、愛知県、新潟県、長野県、群馬県、埼玉県、神奈川県、千葉県、秋田県、青森県といった都府県に出張指導で伺っております。来所いただく場合は、施設の関係上、4時間までしか場所使用できませんが、出張指導の場合は、キャッチボールの場所さえあれば6時間まで受講可能です。

Q7:指導の流れを教えて下さい

A, キャッチボールをメインに行います。本来の動きを喚起し、好感触の再現性を高めます。スムーズな動きが定着出来るよう促します。

①ヒアリング(事前アンケートあり)
②実技観察(普段通りのキャッチボールを見せてください)
③実技改善指導
④今後の練習方法について個別提示(やってはいけない練習含む)
※プラスワンコース、プレミアムコースは、④応用練習(ピッチング、スローイングなど)を行います。

Q8:野球、ソフトボール以外のスポーツもみてもらえるのでしょうか?

A, はい、大丈夫です。

テニス、ボート、ダーツ、ゴルファー、ハンドボール、書痙(しょけい)の方への指導経験があります。アプローチは若干異なりますが、原理は同じです。

Q9:指導者が選手の為に受講しても良いでしょうか?

A, 推奨します。

Q10:チームで受講することは可能ですか?

A, 可能です。実際に高校、大学の野球部において実施しています。

【 お問合せ先 】

お問合せ例→「チーム受講の件」
●●県▲▲市の硬式野球部・監督の◆◆です。イップス気味の選手が数名おります。イップスの選手は勿論、イップスの認識を深め、予防策等を聞いてみたいです。

Q,11:コーチングを活用していると聞きましたが、どんなコーチングをされているのですか?

A,  適宜必要に応じて行っております。

どうしたら良いか分からず”答え”を求めに来られる方が100%ですので、まずはきちんとしたノウハウを教える為にティーチングスタイルで体系的に接していきます。
コーチングは、質問型のコミュニケーションです。選手が主体的に考えられるよう、コミュニケーションを取ります。思考整理の時、練習計画構築の時、行動促進の時等に活用しています。

Q,12:プロの選手も受講されているのでしょうか?

A,  はい。受講されています。

本人の意向等もあり一部の方のみ紹介しております。

Q,13:イップスはメンタル面を改善しないと、解決できないのではないですか?

A,  メンタル面のサポートもあると良いとは思いますが、メインで受けるものではないと思われます。イップスは、ある特定の動作の運動プログラムが崩れ、そのまま定着した状態です。以前出来た動作が出来なくなっていることをまずは理解しなければなりません。

非常に誤解の多い「イップス(局所性ジストニア)」ですが、こころの病ではありません。何故なら、神経科学の解説資料(本サイトのHPなどでも紹介)において、その旨の結論付けが既に為されているからです。この結論は、当所のイップス克服指導の実践知から見ても、私自身のイップス実体験と合わせても合点がいきます。