「繰り返し確認できたのが良かったです‥」(NPB・東京・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・リリース時、感覚がない
・力感がない、力が入らない

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・5年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・監督、コーチ、同僚、先輩、後輩
・カウンセラー

◆これまでの経緯

5年程前の暴投がきっかけ。以降、捕球後の送球がうまくいく場合とそうでないケースが生まれるようになった。今年はどうも感覚が良くなかった。ゲームでもそうだが、キャッチボールの最初がわからない。遅い球、短い距離の時が速度調節が難しい。

◆所感

気持ち良くアンケートに答えてくれた。
キャッチボールでは問題ない。と言っていたが、実際に投球を観てみると、普段のキャッチボールからフォームが崩れ、肩肘に負担、不具合が生じていることが見て取れた(本人に聞いてみると肩肘の張りがここ数年は強くなっていると言っていた)約5年この状態が断続的に続いていたという。恐らくこの状態が普通の状態であると、次第に体が認識されていったのであろう。怪我に結びつかなかったことが奇跡かもしれない。よく第一線で投げていたと思う。
オーバーラップとも見て取れる点を指摘した。理解が早かった。その縺れをほどくための改善策を伝えた。2回目のキャッチボールから徐々に改善の手応えをつかみ始めた。全盛期に近づいた感覚が出てきた様子で、「いや~久しぶりです。この感覚は!」、「肩肘に負担がないですよ。これまでは、もう投げたら肘がパンパンになっていたんです」と言っていた。
その後、約20球、約6セットのキャッチボールを実施。「腕が振れる」、「肩肘の負担がいつもより少ない」、「気持ちがいい」、「もっと投げたい」といったコメントが聞かれた。

◆受講後アンケート→7311308a受講後アンケート

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明