イップスの直し方

イップスの直し方(考え方)

神経の可塑性を逆に生かす

改めて、過度な同一動作によって起きる運動障害をイップス(yips)と呼びます。神経科学や神経生理学、脳科学の領域ではこのような変化を「神経の可塑性(かそせい)による変化」と説明しています。可塑性とは、力を加えると、力を加えた分だけその部分に歪みが残るような作用のことです。つまり変化を加えると変化したままになるということです。これを粘土に例えた場合、粘土の塊を指で押すと、押した箇所に歪みができます。そして指で押した粘土からその指を離すと、押された分だけ凹んだままになります。元の形には戻りません。このような性質を「神経の可塑性」と言います。神経の可塑性の性質によってイップスが発症しているということです。

当研究所では、上述してある医科学的な情報を前提に、以下、独自の理論(重心制御理論)による運動プログラムの書き換え、すなわち動作の改善、克服指導を行っています。安定、安心動作が可能な運動プログラムへと再構築する手法をとっています。逆に「神経の可塑性」の性質を活用する考え方です。

イップスを改善へと導く「重心制御理論」

地面反力を的確に捉え、安定したフォームをつくる理論

重心制御理論(以下本理論)とは、地面反力(床反力)を的確に捉え、安定したフォームを構築する理論です。つまり、体の重さを効果的に活用し、身体を動かしやすくする技法です。出来なかったことが出来るようになるまでの過程における運動感覚を究極まで言語化し、体系化させた運動理論です。一般的な投げ方の基礎、基本動作とは一線を画しております。

本理論を導入するうえで、欠かせない要素が3つあります。それが「重力」「重心線」そして「重心」です。最終的に大事な要素が「重心」であるため「重心制御理論」と称しています。円滑な動作を創り出す(改善する)”核”となる要素です。

また本理論では、これら3つの要素を踏まえたうえで、不随意運動のトリガー(起点)を探し出し、意に反する動きを創り出す運動プログラムの発動を最小限に抑え込みます。その後、新たに円滑な運動プログラムのトリガー(起点)を探り当て、安定動作の定着を図ります。※トリガー(起点)を間違えないことが非常に重要。

徐々に安定動作が発現してくると、さらに関節の機能的な運動連鎖を引き出すために、重心周辺の部位制御にも着目します。そこから選手本来のポテンシャルを引き出す手法を加えていきます。※効果を実感するまで早い方でも2、3時間は投げる必要があります。

本理論は、私が現役時代に試行錯誤でイップスを乗り越えた10年間と、現役引退後、独自に解決策を求め続けた20年間。計30年間の過程で得た実践知を凝縮して開発された体系的なプログラムです。卓越したパフォーマンスを発揮し続ける選手の安定した動きと、思うようなパフォーマンスを発揮できない選手(イップス等)の不安定な動きの差を、運動感覚から考察を深め生まれた理論です。
※地面反力とは・・地面を踏み込んだ時、地面から体へ受ける反発力のこと。床反力ともいいます。

重心線プレート[特許取得]

逆転の発想から生まれました!

逆転の発想から生まれました。イップス特有の意に反する動きを改善する「重心線プレート」は、不安定な状態で定着したフォームを、更に不安定な状態に誘導し、運動することで逆に選手の平衡感覚を刺激し、本来のバランス感覚能力を引き出します。新たな運動プログラム構築に役立ちます。手足の操作感が改善されていくことを実感されるはずです。

重心線プレートの効果

おかげさまで、非常に高い評価を維持しております

受講者アンケートからも、イップス改善には特に高い効果を発揮することが確認されています。直近186名の方に装着いただき、その効果度を100点満点で評価頂いたところ、平均80点と高水準の評価を得ています。

重心線プレートは、当研究所のコーチングをお受け頂いた方、或いはチームでご受講いただいた方のみに販売しております。理由は、独特な使用方法があり、また使用上の注意点をきちんと説明する必要があるためです。

イップスを直すために(お申込み)