イップスの治し方

1)イップス症状に悩む選手の声

※イップスについては、こちらを御覧ください➡「イップスとは?」

図①は、イップス克服コーチングを受講された方々(直近の284名対象)の事前アンケートです。
質問:「現在の状態をお聞かせください」※複数回答可。野球、ソフトボール以外の競技の方はその他を選択。

図①

図①のグラフの各項目について、以下補足します。 

◆「よくひっかかる」154ポイント、「よくすっぽ抜ける」153ポイント

イップス症状を抱えていない方が、時々ひっかけてしまったり、時々すっぽ抜けてしまったりする状態とは異なります。イップス症状を抱えている選手は、日常からこのような状態が続いているということです。
「よくひっかかる」とは、リリース直後、地面に叩きつけたり、相手の足元にショートバウンド等の送球になってしまうことです。
一方、「よくすっぽ抜ける」とは、相手がキャッチできないほど、上方或いは左右へボールが逸れてしまうということです。

◆「動作をうまく制御できない」148ポイント

違和感、不快感を伴った意に反する動きが定着しているため、その動きを回避しようとします。現状を受け入れ、意に反する動きのまま、気にせず投げ続けることが出来れば良いのかもしれません。ですが、その動きは非常に心地が悪く、本来の動作イメージとも乖離している為、うまく制御できないでいます。

◆「投げ方を忘れた」148ポイント

記憶には、頭を使って覚える「陳述的記憶」と、作業や運動動作で記憶する「手続き記憶」と2種類ありますが、イップスは後者の方です。従って、投げ方を考えて思い出すということではありません。
「手続き記憶」を他の動きで例えると「自転車」です。自転車を自然に乗りこなせた方が、急に自転車に乗れなくなってしまうようなことです(通常、あまり考えられないかもしれませんが・・)

サドルにお尻をかける荷重感覚や、左右のバランス感覚、ペダルを漕ぐタイミング、左右の足の出力加減などが突然分からなくなります。つい昨日までは、一連の動作が自動化されていたため、意識する必要もなかったのですが、自動化された動きがある日を境に再現できなくなってしまうと、ほぼ自転車の初心者と同レベルになった状態になってしまいます。これらは、イップス経験がある方には合点がいくはずではないでしょうか。

◆「リリース時、感覚がない」126ポイント

通常、ボールをリリースする瞬間、人差し指か中指の指先に荷重がかかります(両方の場合もあり)が、その感覚が殆ど感じられないか程度になってしまいます。そのため、どこでボールがリリースされたか?全くわからない。リリースの手応えがない感覚に陥ります。

◆「力感がない、力が入らない」119ポイント

力の入れどころがわからない。リリースでパワーを集約したいのだが、そもそもリリースでの感覚が乏しいため、投球動作も空回りしているような感覚に陥っています。

◆「キャッチボールの相手まで届かない」154ポイント

球速の加減調節が難しくなったり、不随意運動がひどくなってしまい、塁間(約25~30m)のキャッチボールまで送球出来なくなってしまう選手も少なくありません。

◆「リリース時、リリースポイントを見る」23ポイント

どこでボールがリリースされるか不安なため、つい、リリースポイントを見てしまう行為です。その動きが更に定着すると、テイクバックの途中から見始めてしまう(通常、リリースポイントは僅かに視野に入ることもありますが、注意して見ているという意識はありません)。

◆「リリース前に、ボールが手から落ちてしまう」17ポイント

テイクバックの途中で、地面にポトリッと落下してしまうことです。偶然というよりも、頻繁に落ちてしまうことです。多くはリラックスしようと努めるも、力を抜きすぎてしまうのです。力の出力加減がうまくいかないのです。

◆「そのほか」43ポイント

以下図②が「そのほか」の一部抜粋です。

図②

上記図①、図②のイップスに悩む選手の声からも分かるように、選手によって多様な症状があります。総じて言うと、以前出来たことが出来なくなっています。

このような症状が、個人差、程度の差はあれ、プレッシャーのない時にでも常時起きてしまっています。イップスに外傷や痛み、痺れはありません。これらがあれば、自他ともに“故障者“として認識もできるのですが、正しい情報が届いていない状況で投げ続けているケースが非常に多いため、選手は辛い状況が続いています。

2)イップスのきっかけ

受講者にイップス症状の「きっかけ」について、アンケート(直近190名)を頂きました。

図③

以下、図③のグラフの各項目について、以下補足します。 

暴投(試合や練習時)40%

選手へ直接ヒアリングすると、プレッシャーによる暴投(チョーキング(あがりと、予期せぬ暴投の2種類の声が聞かれました。プレッシャーによる暴投(チョーキング)は、容易に想像できると思います。予期せぬ暴投は、例えば、雨天の試合で、たまたま指が滑り暴投。また次も暴投するのではないか?と不安になり、以降コントロールが乱れてしまうことです。
チョーキング(あがり)が先で暴投し、その後これは”まずい”と思い、反復練習へと進んだのか、予期せぬ暴投が先で、その後”また次も暴投するのではないか”と不安になり、反復練習へと進んだのかはハッキリしませんでした。
「チョーキング(あがり)」について、本HP内「イップスとは?」の『8)イップスの誤解(イップスとチョーキング)』を御覧ください。

◆ミスプレー(暴投以外)6%

緊迫した場面や、ふとした状況でのミス(捕球ミス、サインミス等)で点を献上してしまい、以降その影響が投球動作へ影響してしまったことです。

◆フォームの変更16%

テイクバックやトップ位置、リリース位置(肘の高さ)、体重移動等の修正です。多くは局所修正である。フォーム修正は、指導者等から勧められたものや、自らの意思で修正したものの2種類ありました。これも曖昧な認識が多く判別がつきませんでした。何故なら指導者等から勧められたものでも、本人が納得合意し臨んだものもあったからです。

◆肩肘などの故障12%

肩、肘の故障後、リハビリが十分ではない状態で無理に投げ始めてしまい、以降不具合を感じ始めたことです。

◆その他11%

不明

◆オフ明けの練習から9%

久しぶりのキャッチボール開始時に違和感があった。

◆怪我(肩肘以外)5%

足、腰、背中等の故障後、リハビリが十分ではない段階で投げ始めてしまい、以降不具合を感じ始めたことです。

2)イップスの2種類の”きっかけ”

図③アンケートの結果から、「アクシデント型」(暴投やミスプレー以外を包括してアクシデントとした)が”きっかけ”と考えられるものと、「チョーキング(あがり)型」がきっかけと考えられるものと2種類に分けて考えました。

図④

図④について、アクシデント型(アクシデントがきっかけとなるもの)が割合としてやや多いのですが、大差はないように考えられます。

むしろ、チョーキング型(チョーキングと考えられるもの)の、暴投(試合や練習時)40%が、際立っているように見えます。ということは、イップスにかかる選手の多くは、何等かの投球(送球)ミス等がきっかけが比較的多いということです。そしてその後に投げ込みや、スローイング練習を行い、原因につながる行為(過度な同一動作)へと発展しているケースを窺い知ることが出来ます。
ただ、これらはあくまで”きっかけ”に過ぎないということです。原因ではない。ということを理解しておく必要があります。

3)イップスの発生フロー

図⑤

図⑤は、イップスの発生フローを表しています。これは当研究所の受講後アンケートの結果や、実際に400名を超える選手へマンツーマン指導を行ってきた彼らの実情をもとに、工藤氏、古屋氏、中野氏らの解説を融合させました。学術的にエビデンスが必要なところではありますが、実体験している方々のリアリティある声と、その選手たちを見てきた知見を土台に作成しているため、仮説としては成り立つと考えています。

以下、イップスのフローを解説する。

<きっかけ ◆チョーキング型・アクシデント型

きっかけには「チョーキング型」と「アクシデント型」があると考えます。チョーキング型は、主としてプレッシャーを受けたことでミスをしてしまい、後の過度な反復練習へと移行。アクシデント型は、フォーム修正や故障、その他です。つまり、きっかけは1つではないということです。

<原因 ◆過度な同一動作

原因は既に言うまでもありませんが、過度な同一動作です。つまり、野球でいう、投げ込みやスローイング練習等の投げ過ぎが原因です。

とはいえ、ただの投げ過ぎというだけでは、いま一つスッキリしない点があります。そこで、なぜ、選手は必要以上に反復練習を行ってしまうのか?そのような疑問が湧き上がってきます。以下、なぜ反復練習を過度に行ってしまうのか?を考えてみました。

それが、以下反復練習に対する認知バイアスではないかと考えます

 

※①反復練習の認知バイアス

まず認知バイアスについて、これは先入観や思考の偏りのことです。もっと平たく言うと、思い込みです。反復練習の認知バイアスとは、反復練習を行うことで、コツをつかんだり、次第にフォームが修正されて行くだろう・・といった先入観のことです。つまりミスをした場合、”何百球、何千球も投げ込むことで、改善されるのでは?”といった考え方のことです。
反復練習を行うことで、フォームも固まり、スキルアップにつながる。ミスも取り戻せるはず。多くの方が過去経験したことではないでしょうか・・。私も一部そう考えてはいます。しかしそれは、既に機能的に連動している(し始めている)フォームに限った話ではないでしょうか? その”前提の確認”をせずに、ただ以降、ミスをしないよう回数をこなせばいいというわけではないかと考えます。更にいうなら、通常、そのようなシチュエーションでの“居残り”のような反復練習は、過度な力み、焦り、調子が良くない状態、或いは故障が癒えていない状態、痛み、過労の状態で、過度に反復動作していることが想像できます。反復練習は、導入の仕方によっては、プラスの要素とマイナスの要素があります。指導者は勿論、選手自身も気を付けなければならないと考えます。

実際にイップス症状に悩む選手の声と、私自身の経験値を重ね合わせると、ある共通点が出てきました。それが以下の2点です。

※②過度な局所意識

局所意識とは、全体の中の一部分を意識することです。指導者等から、ある箇所の改善指導を受けたことや、自らプロやメジャーリーガー等、一流選手の投球フォームの動画等を観て、ある一部分を過度に意識して反復練習を行うことです。試す程度や加減を心掛けて行えば、気づきや確認が得られて良いと考えます。ですが、やり過ぎてしまうと、かえって良くありません。それも手応えのないまま。

以下、選手からよく耳にする局所意識を伴う反復練習です。

・テイクバックの軌道

・TOPの位置、及び手のひらの向き

・グラブ側の腕の使い方、肩甲骨の使い方

・リリース時の手首の使い方

・リリース時の指の弾き方

・体重移動の仕方

・骨盤の使い方

・軸足の蹴り

これらの局所意識を伴う反復練習は、あくまで全体の中の一部であるということを念頭に置き、練習しなければなりません。意識が過ぎてしまうと連動性を損い、元のフォームさえも崩してしまうことを忘れてはなりません。

※③過度な局所修正

※②過度な局所意識とリンクしています。軌道や位置を意図的に修正をかける。それも手先、足先や肩甲骨、骨盤等の一部の動きを何度も意識しながらの修正を繰り返すことです。一部を修正することのみを目的に反復動作をしてしまうと、いつの間にか連動しないフォームが出来上がります。

手応えのない状態で、”ああでもない、こうでもない”と反復練習を過度に行うと、それまでのフォーム(型)が崩れてしまいます。

※④運動プログラムの自動化が崩壊→定着(フォームの崩壊→フォームの定着)

自動化されたフォームが、過度な反復練習によって、一旦崩壊し(※フォームの崩壊)、崩壊した状態のまま更なる反復練習によって、新たなフォームが出来上がります(※フォームの定着)。
そうして出来上がったフォームは、“不具合が定着した新たなフォーム”である。それがイップスであると当研究所は考えています。

<まとめ>

当然のことではありますが、当該競技への価値観が高い選手や、向上心が強い選手ほど、故障で戦線離脱したり、ミスをした直後は、一刻も早く本来の状態に戻そうと努めるはずです。その為、過度な反復練習の行為に及びやすく、特にそのような状況下で行う反復練習は、力み、焦りを生じやすい状態です。

指導者は、投手が四死球を連発したり、野手がスローイングでミスしてしまった時、本来の動きを取り戻すために、居残りで過度な投球(送球)練習で取り戻させるのではなく、何故ミスが起きたのか?どういった準備をすればよかったのか?など、冷静に思考整理する時間を与えてください。そのことを知っているだけでも故障者(イップス)をつくらないで済みます。
また、選手自身がこのようなことを知っていれば、一旦ボールを置き、冷静に振り返ることが可能となります。積極的にリフレッシュすることもできます。セルフコントロールにもつながると思われます。

きっかけは誰にでも起きます。原因をつくらないことです。

4)注意!やってはいけない5つの練習

①ネットスロー(2、3ⅿ前にネットを設置し、防球ネットに投げ込む練習)

理由:かえって逆効果です。手先への過剰意識が増幅する。リリースポイントを定める為に行っていることを耳にする。だが絶対におススメしません。稀に「自分はネットスローで、イップスが良くなった」という声を耳にするが、ネットスローで良くなったというより、他の要素(コンバートやノースロー、根本的な投げ方の変更等)の結果だと考えられます。※10球~20球程度の確認なら良いが、何十、何百球も投げるものではありません。

天井投げ(寝転がり、天井に向かって投げる行為)

理由:かえって逆効果。手先への過剰意識が増幅します。イップスは「手首が利いていない」ということで、スナップスローを勧める方がいますだが、絶対におススメしません。手首が利いていないのは、新たなフォームで構築されたもの(結果)です。余計に手首への過剰意識がはたらき、手首と腕の連動性を更に欠いてしまう恐れがあります。

シャドウ(利き手にタオルを持ち、タオルを振る。投げる動作を行う)

理由:腕でタオルを振ることばかりに意識が向かってしまいます。闇雲にシャドウを行ったからといって、フォームが固まるわけでもなく、コントロールがつく分けでもなく、球速が上がるわけでもないと考えます。シャドウは確認程度で良いです。タオルを持たないシャドウをお勧めしています。

➃強引な遠投

理由:程よい距離なら問題ない。体勢を崩してまで投げたり、腕力に頼るような遠投は全くの逆効果。お勧めしません。いくら「みんな毎日練習でいつもやっていることだから・・」と言っても、更に不具合さが増し、円滑な関節の連動を妨げてしまいます。結果、更にフォームも崩してしまいます。故障に繋がる可能性が高い。投げれば投げる程、本来の感覚から遠ざかってしまいます。

⑤テイクバックやトップ位置の過度な修正練習

理由:かえって悪化する可能性が高い。過度な反復練習(投げ込み、スローイング練習)は勿論控えてください。これは上述している工藤氏もおっしゃっています。またイクバックやトップ位置に理想を描き、こだわり、過度な意識操作を試みると、それまでの動作の自動化は崩壊に向かいます。かえって手投げを助長します。
導入の仕方を間違えると、利き手が頭部に衝突して投げられなくなったり、余計な動き(不随意な動き)が生まれやすくなり、もとに戻らなくなってしまいます。※テイクバックやトップの修正にはきちんとしたやり方があります。

※これらやってはいけない5つの代表的な練習は、これまでのイップス克服指導の実践知から得られた貴重なノウハウです。誤作動が続くイップスの選手が行うとかえって逆効果になりかねません。注意が必要です。

5)イップスの対処について      

「もしかしたらイップス?・・」と思ったら、まずは必要以上に投げることは避けることです。どのフォームが合うか?・・と、肘の高さを変えたりしないことです。

特に投手の場合は、安易にサイドスローやアンダースローへの変更をしがちです(変更を勧められがちです)。「どれくらいの肘の高さが合うか?」等、模索しながらのフォーム変更をお勧めしません。二度と本来のフォームに戻れないケースが多々ありますので安易に変更しないことです。一か八かになります。※フォーム変更には押さえておくポイントがあります。

<一時的な対処2点>

①ノースロー・・上記にも記述してあるが、一定期間投げないことです。個人差はありますが、最低2週間は投球は控え、ランや打撃練習等に集中してください。特に足を動かす。反復横跳びやラダーなどは好影響が期待できます。

②コンバート・・一時的でOK。投手、捕手、内野手なら外野手へ。外野手なら内野手への変更を勧める。理由は、ポジションチェンジによって、局所的ではなく、投球全体の一連の動きが変化すると考えられるため。特にフットワークがポジションによって異なります。足の動きはテイクバックやTOP位置に影響を及ぼす。気分をリフレッシュするためにも良いです。

尚、不随意動作が激しい場合は、局所性ジストニアの手術経験のある脳神経外科の先生へご相談されることをお勧めします。

分からない場合はご相談ください➡「無料相談(初めての方へ)」          

6)イップスの治し方(重心制御技法について)

改めて。イップスのきっかけは、選手によってさまざまです。しかし原因は学術的にも、現場の選手の声からも「過度な同一動作」によって起こる神経のオーバーラップが原因であることが既に明らかになっています。尚、神経科学の領域では、この変化を「神経の可塑性による変化」と言われているそうです。可塑性とは、粘土に例えた場合、粘土の塊を指で押すと当然へこみます。そして粘土から指を離すと、押された分だけ凹んだまま、元の形には戻りません。この性質を「可塑性」と言います。このような神経の可塑性によってイップスが発症しているのです。

一方、これまでイップスは精神面が原因ではないか?と問題視されてきましたが、それは、意に反する動作を生み出してしまう“イップス”を発症してしまった結果、そのストレスや、周囲からの誤解、そして自身への苛立ち等により、二次的にメンタル面が影響を受けた状態であると考えられます。

従って、そもそもの原因の解決を目指すことが大切になってきます。以上、このような事実を知り、解決の方向にベクトルを向けることが、改善のスタートになります。

本研究所ではこれらの前提をもとに、イップスによって定着してしまった不随意な運動プログラムを、本来あるべき運動プログラムへ近づけるための指導を行っております。不快な動作を緩和し、機能的な動作へと改善することを行っております。それが重心制御技法です。過度な同一動作によって、身体バランスを崩して定着してしまった連動性に欠いたフォームを、力学的な観点から運動プログラムに変化を起こす手法です。その変化を起こす鍵となるのが、重力であり、重心線であり、詰まるところ重心であるということなのです。HPに、受講後のアンケートを一部掲載していますので参考にしてください。


「重心制御技法」は、身体重心の安定を重要視した運動プログラムです。ボールコントロールの安定感を引き出します。重心の安定のために、重力を最大限活用し、重心線を整えます。また、重心周辺の部位制御にも着目し、機能的な動作を引き出します。不快で不連動なもつれをほどき、自然で、連動感あるフォーム(スムーズな動き)の発現を促します。重心が安定したフォームは再現性が高く、リリースされたボールは必然的にコントロールされていきます。リリース(インパクト)が安定すると、制御感の回復を促します。

図⑥

 

1.動感(運動感覚)の再構築※手応えを得る

投球時における適切な重心位置を獲得する。重心の安定した投球動作は、安定したフォーム(型)の基礎をつくる。安定したフォームは、次第に手応えを感じ、投球動作の運動イメージを喚起する。

2.連動性を高める※”快”な動きを得る

上半身と下半身及び左右との連動性が高まることで、より”快”の感覚を引き出す。連動性が高まることで、オーバーラップしている動きが次第に緩和される。「投げていて心地良い、ストレスを感じない」といったコメントが聞かれるようになる。

3.再現性を高める※安心感を得る

動感(運動感覚)を再構築し、連動性ある動作を発現出来るようになると、あとは、その好ましい動作に再現性を持たせるための反復動作を行う(過剰にならないよう、セーブしながらフォームの基盤固めを行う)再現性の高い動作は安心感を得る。

 

「イップス克服コーチング」