イップスの治し方

1)イップスは心の病ではなかった。

長らく正体がつかめなかったイップスですが、最近の学術研究(神経科学)によって、イップスは「こころの病ではなく、神経の症状だということが明らかになりました。以下、それらを記した神経科学の研究者(工藤和俊氏 東京大学)の解説文を引用します。

「職業性ジストニアは、筋や腱、あるいは脳における器質的原因が特定できなかったため、かつては神経症の一部に分類されていた。すなわち心理的要因による「こころの病」であると考えられていた。しかしながら、神経症の診断テストを実際に行ってみると、これら職業性ジストニア患者のスコアは健常者と変わらなかった。また、熟練ゴルファーを対象とした研究においても、イップス罹患群と非罹患群との間で神経症スコアに差は見られなかった。これらの知見により現在では、職業性ジストニアやイップスは神経症ではないと結論づけられている」⁽¹⁾

⁽¹⁾工藤和俊著 『スポーツと脳』 体育の科学 vol58 No.2 2008 98P

器質的原因とは、内臓や筋肉の損傷がある原因のこと。神経症とは、主に心理的原因によって生じる機能障害のことを指すようです。

このように既に2008年に、イップス(ジストニア)についての学術的な解説文が出されています。現在の一般的なイップスの認識とは大きく乖離していることが分かります。

2)イップスは、脳の構造変化が原因

又、同氏はその後、イップスの原因について以下のように述べています

「何度も練習しているはずなのに、いざ運動しようとするとうまくできなくなってしまう。これがイップスと呼ばれる症状です。病名としてはジストニアに相当し、神経症とは関係ないことがわかっています。近年の研究により、イップスは同一動作の過度の繰り返しにより脳の構造変化が起きることで発症しうることが明らかになっています。脳には身体部位に対応する感覚運動領域が規則的に並んでいます。同一パターンの動作を繰り返し行い続けると、感覚運動野の興奮が高まるとともに活動範囲が変化して複数の領域がオーバーラップし、独立していた部分が合わさってしまいます。これにより、体部位再現性が失われて、意図とは異なる運動が現れたりしてしまいます。完璧主義の人はイップスにかかる例が多いのですが、できるようになるまでやらないと気が済まないという行動特性があるためです。また、力が入っている状態でも感覚運動野の興奮性が高まるため、力みやすい人も注意が必要です」⁽²⁾

⁽²⁾工藤和俊著 『スポーツと脳の関係』 Coaching Clinic 201503

イップスの原因は、過度な同一動作の繰り返しにより、感覚運動野が興奮しオーバーラップ(重なり合う)することで発症してしまうことがわかります。
つまりイップスは、心の問題(メンタルの問題)ではなく、運動機能の問題であることがわかります。

 

 

 

3)イップスの症状例

以下のグラフは、イップス克服コーチングを受講された方々(直近232名)の事前アンケートを参考にしています。
質問:「現在の状態をお聞かせください」※複数回答可。野球、ソフトボール以外の競技の方はその他を選択。

<上記グラフ「そのほか」>※一部抜粋

・ボールが手から離れない ・腕が途中(上)で止まってしまい二度投げのようになってしまう
・投げる動作に無駄な動きが入ってしまう ・リリース時手首が屈曲してしまう
・たまに腕がカクッとなる(昔の方がひどかったです) ・左腰を逃さないと腕が上がってこない 体が開いている感覚がある
・塁間程度のキャッチボールは出来るのですが、40m超えて来ると力が入らず投げ方が変わってしまう。脱臼を何度かしたので恐怖感があると思います。 ・ボールをリリースしようとすると肩肘が硬直したような感覚になりボールを離せなくなる時がある
・テイクバックの時に、腕が体から離れる感覚や窮屈になる感覚に陥る ・テイクバックの時に上半身が1塁側に反る。2塁側に傾く等。
・テイクバック時に力がはいる ・親指がうまく離れない、腕・肘・手首・指先まで連動しない
・テニスのフォアハンドのテイクバックのところで引っかかった感じや筋肉の硬直、不自然な動きを感じます。サーブのテイクバックでも時々起こります。 ・投げるフォームが悪いのか肩が痛くなる時もある。急いで投げたボールが浮く(ぬける)もしくは地面に叩くような返球になったこともある。
・投げてるときに腕をどう出せばいいかわからない ・左足をつく前に急激に体が開き肩甲骨と背中側の腕の筋肉が硬直して腕をうまく振れません。
・思い通りに動かない ・動きがぎこちない

実際の選手の声からも分かるように、イップスの選手は主に動作の不具合や距離に応じた出力の加減調節、不随意動作(意に反する動き)に悩まされていることが分かります。酷くなってしまうと「投げる」という概念さえよく理解できない状態になってしまいます。

 

4)イップスの発生フロー

当所のイップス指導経験をもとに、イップスが発生する「きっかけ」と「原因」そしてその「結果」に至るまでのフローを考えました。

 


<きっかけ>
以下のグラフは当所のコーチングを受講された方々(直近225名)の声です。
質問:「投送球(動作)に不具合を感じ始めたきっかけを教えてください」※複数回答可。野球、ソフトボール以外の競技の方はその他を選択。

・暴投(試合や練習時)38.7%まず「暴投(試合や練習時)」が多いのが分かります。これはプレッシャーによる委縮(あがり)、そして予期せぬ暴投の2点です。
プレッシャーによる暴投は、容易に想像できるかと思います。緊張など委縮(あがり)してしまい、筋硬化や手足の震えによりリリースが乱れ暴投。コントロールが乱れてしまうものです。
予期せぬ暴投は、例えば雨天の試合で指が滑り、暴投。また暴投するのではないかと不安になり、コントロールが乱れてしまうことです。

・フォーム変更16.0%テイクバックやトップ位置、リリース位置(肘の高さ)、体重移動などの修正です。多くは局所的な修正です。

・肩、肘の故障11%肩、肘の故障後、リハビリが十分ではない段階で投げ始めてしまい、以降不具合を感じ始めたことです。

・その他11%

・オフ明けの練習から(不明)10.4久しぶりのキャッチボール開始時に違和感があったこと。

・ミスプレー7.4%主にエラーです。緊迫した場面やふとした予期せぬミスで点を献上してしまい、以降その影響が投球動作へ反映してしまったことです。

・肩肘以外の故障5.5足、腰、背中等の故障後、リハビリが十分ではない段階で投げ始めてしまい、以降不具合を感じ始めたことです。

上記集計の結果が多岐にわたる為、以下2つに分類して考えてみました。

★アクシデントがきっかけと考えられるもの(53.9%)
・フォームの変更16.0%
・肩、肘等の故障11%
・その他11%
・オフ明けの練習から(不明)10.4%
・肩肘以外の故障5.5%

★萎縮やあがりがきっかけと考えられるもの(46.1%)
・暴投やミスプレー38.7%
・ミスプレー7.4%

 これらの集計結果から分かることは、イップスの「きっかけ」は多様であるということです。これらのきっかけは偶発性が高く、誰にも起こっていることかと思われます。

 


<原因>重要
イップスの原因は、これまで「精神的なことが原因」と言われてきましたが、上述の工藤氏の解説にあるように「過度な同一動作」が原因です。

では、なぜ選手は過度な同一動作をしてしまうのでしょうか?・・それはしっくりいかない動作、違和感から一刻も早く脱したいからです。当該競技への価値観が高い選手程、何とかしなければ・・と焦りが生まれてきます。結果的に自ずと練習を過度にやり過ぎてしまうのです。

更に言うなら、早めに改善を図るうえで、”ああでもない、こうでもない”と修正をやり過ぎてしまうことです。良かれと思って取り組んだ練習が、かえって投球動作の自動化プログラムを崩してしまうということなのです。

 


<結果(イップス)>
投球動作の自動化が崩れた状態まで達してしまうと、以前のフォームで投げられなくなります。この状態がイップスの始まりです。

イップスは、普段プレッシャーのない状態でも、本人はどことなく動作に不具合を感じています。既に神経が混線してしまっています。そこにプレッシャー掛かると、余計に動作に不具合が生じます。制御困難(不能)な状態に陥ってしまいます。「どこでリリースすれば良いのか?」、「前はどうやってテイクバックを取っていただろうか?」とイップスの選手から聞かれるのはその為なのです。
このような状態が数ヶ月、数年と長らく続いてしまうと、次第に不随意運動が定着し、気づけば、その状態があたかも自分のフォームであるかのような気さえしてきます。この点については意外に気づかない選手が多いものです。それがイップスの怖い点でもあります。

 


<まとめ>
きっかけと原因は異なります。きっかけは多様にあります。原因は事を引き起こしたもとのことです。イップス克服を目指す場合、原因に焦点を当て解決を目指さなくてはなりません。何度も言いますが“過度な同一動作の繰り返し”がイップスを引き起こしている。これが原因です。

尚、選手への高圧的な接し方や罵声を浴びせる指導者の態度や言動は「きっかけ」にはなり得ますが、イップスの「原因」ではないことは押さえておかなければなりません。

勿論、指導者の高圧的な態度や罵声で組織を動かすチーム運営は、現代の風潮、現代のスポーツ文化にはそぐわないと思います。私も賛成ではありません。

ただ選手との関係が良好な指導者、チームワーク抜群の組織にも、イップスになってしまう選手は発生している事実を知ってください。指導者の接し方が原因ではありません。

適切なイップスの知識を持っていないと誤った対処をしてしまいます。イップスは、競技を真剣に取り組む選手であれば誰にも起こり得るということです。

5)あがり(プレッシャー)とイップスとは似て非なるもの

「あがり(プレッシャー)」と、「イップス」が混同されていますが、それは異なります。
「あがり(緊張等)」は誰しも起こるものです。両者は傍から見ると一見、同じもののように映ります。しかし内情は異なります。

「あがり」は、過度な緊張状態を指します。イップスであってもイップスでなくても誰でも起こっています。「あがり」は、当事者が失敗してはならないと思えた時に起こります。筋硬化や震えなど生理的反応が起こります。心身をコントロールすることが困難になり、言動や行動に影響を与えます。しかし一時的なものです。

「イップス」も傍から見ると「あがり」に映るかもしれません。ですが決定的な違いは、イップスはそもそも動作に不具合を抱えています。運動の自動化が崩れ、連動性を欠いています。その状態で「あがり」が起こると、もともとの動作の不具合さに拍車が掛かります。

従って、イップスの選手が「あがり」を感じてしまうと、「あがり」だけの選手とは比べものにならない程、予測不能な動きが出現してしまいます。個人差はありますが、それは「あがり」の比ではありません。

イップスの選手が、「あがり」を意識的にコントロールすることはイップス症状を最小限に止める為に有効です。私も重心制御技法の指導の後、その点に留意して+αのレクチャーをしています。「もし、あがりを感じたら・・」、「その時はここを意識、そしてこのように対処してください」といったアドバイスをしています。ただ、「あがり」をメンタルコントロールすることが、イップスの克服に繋がらない為、補足、もしものお守りとして説明しています。

6)イップス特有の不連動な動作から、スムーズな動作へ。手応えを得る。

イップスは、不連動な動作が“不発弾“のように神経プログラムにすり込まれています。少しでも不連動な動作軌道(感覚)を知覚した瞬間に、イップスのプログラムが出現してしまいます。
イップスの選手が「今日は調子が良くても、明日は分からない。いつ発症するかわからない」と、よく口にするのはそういうことなのです。だからこそ、不連動な縺れを解き、適切な連動を生み出す動作の改善指導が必要なのです。

自分の体が意図通りにスムーズに動くことで心身の負荷は消滅していきます。

極論を言うと、たとえ自身のパフォーマンスについて、マイナス思考でネガティブなイメージを持っていたとしても、自然でスムーズな動作が自分を助けてくれます。その状態が続くと、次第に投げることそのものが心地良く感じられてきます。そうすると、次第に笑顔が出始めます。声も出てきます。目標意識がより強くなります。可能性が高まります。自分自身への期待値が向上してきます。結果ポジティブなイメージが喚起されてきます。以後の言動や行動にまで変化がもたらされます。選手は体の操作性を向上させ、そうやって成長していきます。

出来なかったことが出来るようになること、これが成長です。アスリートにとって、自分の体を意図通りに動かせることが一番の自信になるのです。ご不明な点、ご質問があれば遠慮なくご相談ください。

7) 注意!イップス症状が続く場合、やってはいけない5つの練習

①ネットスロー(2、3ⅿ前にネットを設置し、防球ネットに投げ込む練習)

理由:かえって逆効果。手先への過剰意識が増幅します。リリースポイントを定める為に行っているようですが、絶対におススメしません。稀に「自分はネットスローで、イップスが良くなった」という声を耳にしますが、ネットスローで良くなったというより、他の要素(コンバートやノースロー、根本的な投げ方の変更等)の結果だと考えられます。

②天井投げ(寝転がり、天井に向かって投げる行為)

理由:かえって逆効果。手先への過剰意識が増幅します。イップスは「手首が利いていない」ということで、スナップスローを勧める方がいますが、絶対におススメしません。手首が利いていないのは結果であって、原因ではありません。手首に過剰意識がはたらき、手首と腕の連動性を更に欠いてしまう恐れがあります。

③シャドウ(利き手にタオルを持ち、タオルを振る。投げる動作を行う)

理由:腕でタオルを振ることばかりに意識が向かいます。投げる行為は、腕を振ることではありません。又、闇雲にシャドウを行ったからといって、フォームが固まるわけでもなく、コントロールがつく分けでもなく、球速が上がるわけではありません。シャドウにはやり方があります。タオルを持たないシャドウをお勧めしています。

➃遠投

理由:遠投も逆効果です。お勧めしません。いくら「練習でいつもやっていることだから・・」と言っても、不連動なイップス状態で肩肘への負担の高い「遠投」を行うと、故障に繋がる可能性が高いです。投げれば投げる程、本来の感覚から遠ざかってしまいます。

⑤テイクバックやトップ位置の過度な修正練習

理由:局所修正はよくありません。テイクバックやトップ位置にこだわり、過度な意識操作を試みると動作の自動化は崩壊に向かいます。導入の仕方を間違えると、利き手が頭部に衝突して投げられなくなったり、余計な動き(不随意な動き)が生まれやすくなり、もとに戻らなくなってしまいます。

※これらやってはいけない5つの代表的な練習は、これまでのイップス克服指導の実践知から得られた貴重なノウハウです。誤作動が続くイップスの選手が行うとかえって逆効果になりかねません。注意が必要です。

8)イップス改善、克服への道筋

「もしかしたらイップス?・・」と思ったら、必要以上に投げることは避けて下さい。慌ててどのフォームが合うか?・・と、リリースポイントや肘の高さ、投げ方を変えたりしないことです。出来ればノースローです。期間は個人差がありますが、最低2週間程は何もしないことをお勧めします。

出来るなら一時的に故障者(DL)とすることをお勧めします。
キャッチボールを再開しても、何ら違和感が取れない場合は一度ご相談ください。「無料相談(初めての方へ)」 また、不随意運動が激しい場合は、神経内科等の医師へ相談されることをお勧めします。

尚、当所が行っている指導法は一貫しています。本来の自然な動作を喚起する為、重心線、重心をキーワードとした独自の技法を取っています。良好な知覚、運動によって認知に変化を及ぼします。スムーズで連動性の高いフォーム(型)を最初のステップから再構築します。機能的で心地良い本来の動作感覚を喚起します。

2017-07-05

➀投球概念の再構築

投球時における適切な重心位置を獲得し、根本的な投球動作の再学習が必要。重心の定まった投球動作は、本来のフォーム(型)を取り戻し円滑な動きを生み出します。その仕組みを改めて理解することが重要です。その後、オーバーラップしている動きを解いていきます。

②連動性を高める

上記➀に付随し、上半身と下半身及び左右の連動性を高める動作を再構築することが必要になります。連動性が高まることで「投げていて心地良い、ストレスを感じない」といった良質な感覚(手応え)が生まれてきます。イップスを改善、解消する為には連動性ある円滑な動作の実体験が必要なのです。

➂再現性を高める

投球概念を再構築し、連動性ある動作を発現出来るようになると、後はその好ましい動作感覚に再現性を持たせることが必要になります。
※この状態になって初めて反復練習(遠投、投げ込み)が可能になります。

➡「初めての方へ」