イップスの原因

イップスの原因は、一連の動作を過剰に繰り返し行った結果による運動障害と言われています。メンタル(心因性)ではありません。

イップス発生の前後

イップスの原因と発生フロー

既に明らかになっているイップスの原因をもとに、これまで当研究所の「イップスを直す(個人)」のレクチャーを受けた方々から得られた貴重な証言情報(『<きっかけ>及び『注釈①、②』)を加味して「イップスの原因と発生フロー」作成いたしました。※ご参考「受講者アンケートのまとめ」

<きっかけ>

イップスの<きっかけ>には「アクシデント型」と「チョーキング型」の2つのパターンがあります。

■「アクシデント型」・・故障や怪我(十分に癒えていない状態で練習や試合に参加)。球速やコントロール向上を目指すためのフォーム修正。
■「プレッシャー型」・・過度に緊張している状態でプレーしミス。又はミス直後によるプレッシャー

<原因>

イップスの<原因>は、過度な同一動作です。上記2つの<きっかけ>後、必要以上に反復動作を繰り返したこと。

※注釈①過度な局所意識

過度な局所意識とは、全体の動きの中の一部分を過度に意識して行う運動のことです。野球の投球(送球)で例えると、次のような内容です。

  • テイクバックの軌道
  • TOPの位置、及び手のひらの向き等
  • グラブ側の腕の使い方、肩甲骨の使い方
  • リリース時の手首の使い方
  • リリース時の指の弾き方
  • 体重移動
  • 骨盤の使い方
  • 軸足の蹴り等

※注釈② 過度な局所修正

上述※注釈①の例の動作等を必要以上に反復練習すること。

<結果>

きっかけ→原因→結果。こうして意に沿わないフォーム(イップス)がつくられてしまいます。野球の投球(送球)で例えた場合、次のような結果となります。

・テイクバックの途中やリリースポイントで、手首が屈曲或いは伸展する。
・テイクバックで、利き腕が必要以上に背中側に入ってしまう
・リリースで力感が乏しくなる。又は必要以上に指先に力が入る。その結果リリースですっぽ抜けたり、引っかかったりする等。         

イップスにかかると、以前何ら問題のなかった頃のフォームを再現することが困難になるため、自身の運動制御に自信が持てなくなります。イップスは運動障害(神経)です。制御感を取り戻すために医療、そして動作改善の介入(フォームの立て直し)が必要になります。

メッセージ

当然のことですが、当該競技に真剣に取り組んでいる選手や人一倍向上心が強い選手ほど、精度の高い技能の獲得を目指しています。また問題意識の高い選手も同様です。負荷の高い練習を自身に課し、必要以上の反復練習を試みる傾向がありますので注意が必要です。


➡「イップス」と「チョーキング」