「イップス」と「チョーキング」

イップスの誤解

イップスと、チョーキングは似て非なるもの

「イップス」とは、過度な同一動作によって起きる運動障害です。脳神経の可塑性による変化です。それまでの自動化された動作が失われた状態を指します。「イップス」にかかると、フォームが完全に崩れ、思い通りに身体が動いてくれません。他の動作で何ともないのに、特定の動作の時のみ違和感(例:いつもと動作感覚が違う、上半身と下半身の動きがバラバラ、リリースが感じられない等)や、不快感(投げると気持ち悪い等)といった感覚的なストレスを抱えるようになっていきます。その結果、自然とネガティブなイメージが定着し、不安感を抱くようになります。
一方「チョーキング」は、心理的なプレッシャーによって一時的に動作が円滑に行われない状態を指します。「チョーキング」は、プレッシャーから解放されれば、次第に元のフォームに戻っていきます。また同じようなプレッシャーを感じた場合に、再び起こるようなことです。

これらの違いについて、一部の方は既にご存知なのですが、多くはきちんと情報が届いていないようです。以下は、その点に焦点を当てていきます。

一般的に「あがり」のことです。スポーツ心理学では「チョーキング」と呼んでいます。
以下「チョーキング」について紹介している3点(論文、書籍)ご紹介します。

「チョーキング」の邦訳として広く用いられている用語が「あがり」である。「あがり」に関しては「特に重要な試合や勝敗を決する場面にのぞんだときなどに体験される心身の過度の緊張状態」、「当落や社会的評価など自分自身に否定的評価を受ける場面で他者を意識し、責任感を感じ、自己不全感、身体的不全感、生理的反応や震えを経験することであり、状況によって他者への意識や責任感への程度が変化すること」のように、プレッシャー下での心理面や整理面に重きを置いた定義も存在する。さらには「聴衆の前でのスピーチ、競技試合や入学試験などの状況でパフォーマンスを悪化させる要因」のように先述のプレッシャーと同様の定義も存在する。


スポーツ選手の「あがり」の対処法に関する実践的研究-パフォーマンスルーティンに着目して- 柄木田健太 田中美吏 健康運動科学(2017)7(1)、10

「チョークはふだん無意識のうちにやっている行動について、考えすぎた場合に起こる。『分析による麻痺』と呼ばれるものだ。(中略)プレッシャーのもとでチョークするのは、ある状況にストレスを感じて、その反応としてしくじることだ」


「なぜ本番でしくじるのか プレッシャーに強い人と弱い人」-シアンバイロック著 2011年10月30日初版12P引用

チョーキングって?内的刺激と外的刺激
「チョーキング(choking)」という言葉をご存じでしょうか?チョーキングとは直訳すると、”息が詰まる”、”窒息する ”というような意味で、「不安を感じ息苦しくなる精神状態」を意味しています。スポーツ心理学者のナイデファとセーガルは、「競技選手が自分のパフォーマンスが徐々に低下していると思われる時や、自身のパフォーマンスに対しコントロールを取り戻せないと思われるときに、チョーキングに陥る」と述べています(Nideffer & Sagal, 2001)。
それでは、競技場面で選手のパフォーマンスを大きく低下させるチョーキングとは、いったいどのような要因によって引き起こされるのでしょう。これには、「内的刺激」と 「外的刺激」という二つの刺激が強く影響しているといわれています(Wangら, 2004)。
内的刺激とは、「もし勝てなかったらどうしよう」とか「相手は自分よりきっと強い」のような否定的でネガティブな思考のことで自分の内部から刺激が生まれます。内的刺激が生じると、恐怖を感じ、筋は緊張し、疲労は高まり、心拍数や呼吸数も増加します。そして慌ててしまい、うまくタイミングが掴めなくなるのです。一方、外的刺激とは、様々な環境的要因のことで自分の外部から刺激が生まれます。試合場の騒音やコーチ・審判などの反応が気になり、注意力は競技とは無関係の方向に向かい、脳からは不適切な命令が出され、それによってパフォーマンスが低下します。
つまり、選手が土壇場で最高のパフォーマンス(ピークパフォーマンス)を出すためには、身体的トレーニングや技術練習を継続するだけなく、効率的に内的・外的刺激に対処し、コントロール性を高めなければならないことがわかるでしょう。
「『剣道 心の鍛え方』 矢野宏光(高知大学教育学部教授著)体育とスポーツ出版社 74P~75P」

上述のように「チョーキング(choking))」とは、息が詰まる、窒息するという意味です。「失敗しないように・・」と強く考えるあまり、一時的に体が思うように動かなくなる感覚のことです。例えば、練習中はいつも通りにプレーできるが、本番(試合)になると、急にプレッシャーがかかり“あれ”のことです。

恐らく誰もが、1度や2度の経験はあるのではないでしょうか。プレッシャーを感じることによって、腕や足が硬直し動かしづらくなることです。

「チョーキング」はまた”分析による麻痺”とも言われています。いわゆる“考えすぎ”のことです。何らかのプレッシャーによって失敗を怖がり、意識的に「肩を・・、肘を・・、手首をもっと利かせて・・」といった余計な手順を踏み、丁寧過ぎる程チェックしながらマニュアル動作をしてしまう行為のことです。

イップスとチョーキングの見分け方

一見同じように見えるため、注意してみないと対処を間違ってしまいます。

「イップス」と「チョーキング」は第三者から見ると、一見同じ症状であるかのように映るため、対応を間違わないよう注意しなければなりません。
イップスの選手なら、自身で考えながら投球動作をしたり、過度な投げ込みは絶対に避けることです。チームにイップスの選手がいる指導者であれば、イップスは精神的(メンタル)が原因ではないことをチームメイトに、きちんと伝える必要があります。そのうえで該当する選手に、正しい機能的な動作を根本から再構築する(レクチャーする)必要があります。
一方、チョーキングの選手は、パフォーマンスに不安を感じている状態のため、一定のルーティン動作を定着させてから、動作に入る練習や、セルフトーク(自己対話)が有効かと考えられます。

以下これまでレクチャーさせて頂きましたイップスに悩む選手、そしてイップスではない選手の声をもとに整理しましたので参考(図③)にしてください。(最近は、チョーキングとイップスをきちんと分けて考える科学的な研究も進み始めているようです)

<図③>

①前提が異なる

・イップスではない選手(普通の選手)が、プレッシャーを感じていない時は、特にパフォーマンスに問題があるわけではありません。
・一方、局所性ジストニア(イップス)の選手は、プレッシャーを感じていない段階から既に投げづらい状態(動かしづらい状態)にあります。「分析による麻痺」も頻繁に起こっています。

②影響度合いが異なる

・イップスではない選手(普通の選手)に、チョーキングが起きると、一時的に普段のパフォーマンスを発揮出来なくなります。
・一方、局所性ジストニア(イップス)の選手は、イップスではない選手(普通の選手)とは比較にならない程、一連の動きが乱れてしまいます。制御不能な状態に陥ります。

③元に戻る状態が異なる

・イップスではない選手(普通の選手)は、動作の乱れの余韻は多少残りますが、本来の状態に次第に戻っていきます。
・一方、局所性ジストニア(イップス)の選手は、本来の自分のフォームではなく、イップスが鳴りを潜めた状態に戻るだけになります。

チョーキングか?イップスか?

チョーキングとイップスは異なる。その見分け方

単なるチョーキングか、局所性ジストニア(イップス)を抱えているか?これまでの実践知による簡単な見分け方を以下に示します。参考にしてください。

以下①、②どちらかに該当すれば、イップスの可能性があります。該当しなければチョーキングの可能性が高いと考えられます。

①プレッシャーがない状態でも、不随意運動がある

自他ともに判別がつく。具体的には以下のような状態の場合です。

  • リリース前、TOPのあたりで握っているボールの手が側頭部に当たってしまう
  • リリース前、TOPのあたりで手首が内側に屈曲する
  • テイクバックで、肘が伸びたまま、或いは肘が必要以上に屈曲してしまう
  • テイクバックで、必要以上に背中側に腕が回ってしまう
  • 腕の動きが“カクカク”して、ロボットみたいな動きになる

フォームが崩れている自覚がある

ほぼ毎日、一連の動きが噛み合っていない感覚がある(たまに何故だかスムーズに動く時もある。予測できない)。この状態が常態化すると、それが当たり前になり状態が良くないという自覚がなくなる。他人から指摘を受けて初めて気づくことも少なくない。具体例としては、以下のような場合です。

  • 以前と違い、関節が上手く連動しなくなった。その状態が長く続いている
  • 一連の動作のタイミングが合わない
  • どうやって投げていいか分からない
  • 普通のキャッチボールでも動作に違和感、不快感がある
  • 分析による麻痺

考えながら過度な反復練習はしない、させない

一人一人の自覚が必要です

平時でも、チョーキング時でも過度な局所意識、過度な局所修正を伴う同一動作は絶対に避けてください。もし、過剰に行ってしまうと、以下図④のような状況になりかねません。向上心や研究熱心な選手、指導者程、良かれと思い陥りがちです。一人一人の自覚が必要です。

<図④>