「イップス克服コーチングを受講するまでは全く投げられ‥」(大学生・熊本県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい・

・動作をうまく制御できない
・手首が内側に曲がる
・リリースで、ボールが抜けそうになる

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・肩、肘などの故障
・その他

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約半年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯(概要)

大学入学後まもなく、ある日のピッチング途中で新球に変えた途端、リリースですっぽ抜けるような感覚に陥った。それが何球か続いた。「これはまずい・・」と思い、リリースでボールを叩く(はじく)ように投げるようにした。だがコントロールは定まらず、逆にリリースで引っかかるようになってしまった。結果ショートバウンドを投げるようになった。「おかしい・・。」その後は自分でも手先の修正を試みた。だが一向に改善されなかった。以降、試行錯誤修正を繰り返してきた。次第に手首が内捻されたままテイクバック。リリースでも、手首が内捻した状態でリリースされるようになっていった。だんだん違和感が増してくるようになった。今では、手首が普通に内捻され、力が上手く伝わらないでリリースされるのが普通になっている。遠投も難しい。

◆所感

空間を撫でるような腕の振りが見て取れた。というよりも撫でるようにしか、腕を振ることができない状態が定着していた。単なるプレッシャー等による”ボール置きにいく”というものではない。
手首が自然と内捻された状態でリリース。違和感、不快感が見て取れた。ボールの回転も少ない。遠投もままならず、球速もだいぶ落ちたと言っていた(以前は140㌔を超えるストレートを投げていたというのに。。)
なぜ、以前は出来ていたスムーズな動作が、今回のような制御できない不連動なフォームが定着してしまったのか?を本人の経験をもとに説明した。十分に説明、納得頂いた後、キャッチボールを再開した。1、2回目は大きな変化はなかった。3回目からは、ボールが失速することなく、徐々にリリースに力が伝わっている様子が見て取れた。次第に手首の内捻も減ってきた。球数が増えるごとにボールに威力が出てきた。
最後のキャッチボールでは、スピンが利いた状態でボールが届くようになってきた。本人からも「全然投げやすいです。」といった好感触の声が聞かれた。本来のボールだと思う。力感伴う姿が垣間見えた。手応えをつかんでいる様子が伝わってきた。

終了後はより改善へ向けて、絶対にやってはいけない反復練習、やった方が良い反復練習を伝えて終了した。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→13113n受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明