「非常に勉強になる有意義な時間でした‥」(大学生・滋賀県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・オフ明けの練習から
◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約1ケ月経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯

高校3年生の夏まで問題なかった。夏の大会終了後、受験勉強の為に暫くキャッチボールをしなかった。大学入学後に久しぶりにキャッチボールをしてみたところ、突然ボールを下にたたきつけたり、上にすっぽ抜けるようなボールを出始めた。全く心当たりがなかった。自分では”ブランクのせい”と思い、気にも留めなかった。だが、その後も同じような状態が3回も続いた。リリースですっぽ抜けたり、引っかかったりを繰り返すようになった。自分も周囲も首をかしげるようになる。どうして良いか悩み、もしや?と思いホームページで検索し来所。

◆所感

力を向く(リラックス)を意識し過ぎなのだろうか・・力感が全く感じられないフォームになっていた。その為、モーションから、リリースまでの一連の動作の力の入れどころが分からず辛そうであった。その為リリースが乱れ、抜けたり、引っかかるボールが出ていた。ただ本人に聞くと「いつもよりは良い」と。確かにたまに胸に届くボールはあったが、乱れた回転であった。
キャッチボールの動画を撮って一緒に観た。どこがどうなっているのか?一緒に動画を観ながら問題点を指摘。すぐに合点がいった様子。理解が早かった。
一旦休憩後、キャッチボールを行った。開始数分で力感を伴う動きが出てきた。本人も「さっきより気持ちがいい」と言い始めた。ただ偶然かもしれないため、その後は再現性の高さを求めるために、休憩を何度も挟みながらキャッチボールを行た。
徐々に、徐々に正確かつ、きれいな回転のボールが私のミットに届き始めた。リリースに集中して力が伝わっているのが受けていて分かった。苦手であった10m程の近距離も、速度調節のコツがわかったのか、乱れが激減し始めた。投げっぷりも良くなった。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→182002m受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明