「自信を持ってキャッチボールが出来ました。‥」(大学生・神奈川県・捕手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・よくひっかかる
・キャッチボールの相手まで届かない
・リリース時、感覚がない
・力感がない、力が入らない

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・6年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・まだ誰にも相談出来ていない

◆これまでの経緯

高校時代に試合で暴投したことがきっかけで、以降、リリースの感覚がイマイチに感じられるようになった。それからは自主練習でネットスローを日々繰り返した。リリースの感覚がつかむ為に、必死に投げ込んだ。だが結果は良くならず。その後の野球もあきらめ、大学進学を目指した。一浪し見事志望校に合格。だが1年間は野球から遠のいた生活を送った。2年生になり、もう一度野球にチャレンジしてみたくなり、大学の準硬式野球部入部を決意。
2年ぶりのキャッチボールでは、少し症状が軽くなっている感じがしたという。ただやはり本格的に野球を行うには、肩肘の動かしずらい感覚や不快感は残っている為、きちんと治すべく来所。

◆所感

キャッチボールを見て、即座に見てとれたのは力感なく動作されている点であった。力加減がわからず、”そろ~り”肩肘を動かし投げている姿が見て取れた。「どこでボールをリリースして良いかわからない」といったコメントが多々出てくるのも無理もないと思われた。

本人の実感。即時的効果があった。アドバイス後の最初のキャッチボールで本来の感覚が取り戻せたようで微笑みながら投げていた。”心地が良い”、”もっと投げたい””ずっと投げていたい”といったコメントが聞かれた。キャッチボールを受けていても、左右、横にブレるボールが極端になくなった。たまにひっかかっても、すぐに修正できていた。球数が多くになるにつれ、微調整が出来るようになっていった。緊張した場合の拠り所も教えた。自分を信じるコツがわかったようだった。継続させるコツ、練習方法を伝えた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→101207a受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明