イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「今までとは全く違う考え方でたくさん驚く事がありま‥」(大学生・外野手・宮城県)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる※地面に叩きつける
・キャッチボールの相手まで届かない
・リリース時、感覚がない
・力感がない、力が入らない
・動きがぎこちない

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)
・怪我(肩、肘以外)※複数の要因

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・3、4年前から

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの監督やコーチ
・チームの同僚、先輩、後輩

所感

◆投球動作のフェーズ分けから見た所感

①ワインドアップ期(準備段階。ステップ足が一番高い位置までの間)
・軸足、ステップ足共に内側荷重。体幹が不安定。
②アーリーコッキング期(グラブからボールが離れ、ステップ足が地面に着地する間)
・ステップ足への体重移動が早過ぎであった(突っ込み)。
・利き腕への過剰意識が見て取れた。
③レイトコッキング期(ステップ足が地面に接地し、利腕を後ろに引いた時までの間)
・ステップ足が地面に接地したタイミングで、既に投げる方向へ突っ込んでいた。
・利き腕の肘が思いの外、挙上出来ず、投球方向へ無理やり引っ張り出さざるを得ない状態になっていた。
④アクセレレ―ション期(利腕を後ろに引いた時点からリリースまでの間)
・力感が得られず、手首、肘を放り出すような動きに見て取れた。
・モーション途中、一旦静止する瞬間があった。以降の動きは手先で修正するしかない状態になっていた。
⑤フォロースルー期(リリースから投球動作が終了するまで)
・リリースポイントでは、力が上手く伝わらない様子が見てとれた。その為、必要以上にリリースで力感を込めている様子が伝わってきた。

◆来所時の状態
高校時代からイップスに悩み、投げる度に地面に叩きつけたり、遠くすっぽ抜けたりと常に指先に違和感を感じていたとのこと。高校時代も華々しい戦績もあるが何とか騙し騙し投げてきた様子。
実際のキャッチボールでは、床に叩きつけてしまうようなボールがあった。これまでの3、4年辛かった様子が伝わってきた。

◆指導
休憩を挟みながら約30球のキャッチボールを7、8回繰り返した。最初はあまり変化が見られなかったが、少しずつリリースが安定してきた。次第に床に叩きつけるようなボールが極端に減ってきた。セット数が増えるごとに指先にボールの重みが加わってきた様子。投げていて気持ちがいい様子。「久しぶりです!」と言っていた。
休憩を挟んで投げても、好感触は変わらなかった(再現性のコツをつかんだ様子)。本人のリクエストもあった為、捕球後の送球や距離を変えながら送球パターンに変化を付けた。徐々に感覚を取り戻してきたのか、応対出来るようになってきた。
後はいつでも再現出来るよう、更に反復練習を積んで欲しい。

「ボディコントロール→ボールコントロ-ル」

受講後アンケート→1130153020oc①受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!