イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「これから今日の近距離キャッチボール、素振りを・・」(大学生・東京都・投手)

東京都の大学生(投手)が、イップス症状改善コーチングを受講しました。

<現在の状態>
動作をうまく制御できない、投げ方を忘れた、よくすっぽ抜ける、よくひっかかる、リリース時、感覚がない、力感がない、力が入らない

<コーチング・コース>
「イップス症状改善コーチング(120分)」

<コーチング前の動作の特徴・指導>

・利き腕から始動していた。恐らく肘から出す、肘を上げる。といったことを指摘、始動されてきた様子。肘へのプログラミングが強く残っていた。
→肘は意識するものではないことを、まず伝えた。代わりに胴体への意識を促した。

・体重移動が早く、しかもスウェイ幅も広く、意識的な操作が難しそうであった。
→基軸を安定させる為に、足底中心を意識させるよう実演を交えて指導。その後、「軸」とは何か?「軸」のとり方をレクチャーした。
(「軸」の概念は理解していたとしても、それを実感し、自分のモノに出来ている人は非常に少ない)。

時折、自然に腕が振られる様子が窺えた。今後はこの好感触を重ね、身体に覚えてもらうことが大切。自身の身体に委ねる為にやっておかなければならないこと、円滑な動きの為にやっておかなければならないことを知っていただいた。
投げて心地良いボール、キレのあるボールが生まれてくる仕組みを実感いただいたので、今後は、短い距離のキャッチボールと素振りで改善を重ねて欲しい。

「ボディコントロール→ボールコントロール」

「ボディコントロール→バットコントロール」

受講後アンケート→201505⑪-1受講後アンケート
201505⑪-2受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!