イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「迷い続けていた自分でしたが、このコーチングを・・」(大学生・東京都・内野手)

東京都の大学生(内野手)が、イップス症状改善の為に来所いたしました。

<現在の状態>
動作をうまく制御できない、投げ方を忘れた、よくすっぽ抜ける、リリース時、感覚がない、力感がない、力が入らない

<コーチング・コース>
「イップス症状改善コーチング(120分)」

<コメント>
内野手ということもあり、送球時のテイクバックをとても気にしていました。どうやって動かせば良いのか?考えながら投げている様子。
どうしたら、あれこれ考えることを少なくしていけるか?小手先の操作ではなく、”足底中心”と軸の捉え方について時間をかけてレクチャー。更にボディスイングに意識を向けることで、テイクバックの意識を低減させていくアドバイスを行いました。
2時間の指導の中、良い投げ方とそうでない投げ方の区別がだんだんと出来てきた様子。特にそうでない送球をした後の対処(身体が前方をせせり出てこないようにする為に)では、少し要領を得た様子でした。

後は打撃スイングについてレクチャー。独自のスイング理論をお伝えし、送球改善と連動する旨説明。もしかしたら、打撃の方が先に良くなるかも。とお伝えしました。

・・早速、翌日以下メールが届きました。やはり打撃のコツを少し掴んだ様子。後はこの要領を送球へ転用し、バランスを整えて欲しいところです。

「・・今日から実際に素振りと短い距離でのキャッチボールを始めました。ロングティーをやったのですが・・自分でもびっくりするくらい飛距離が出ました!これから教わった事を継続して諦めずやっていこうと思います。ありがとうございました」

受講後アンケート→201501 ① 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!