「とても内容が分かり易く、効果も実感出来て良かった‥」(高校生・神奈川県・外野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・リリース時、感覚がない(リリースポイントで、指先がやたらと気になる)
・リリース手前で、体が固まった感じがする

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約2年程経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯(概要)

中学2年生の頃。緊迫した試合で暴投してしまった(当時は内野手)。その試合後のミーティングでは監督から強く叱責を受けた。手首が利いていないとも指摘を受けた。その後、キャッチボールや送球時には、リリースでボールを”切る”ようなイメージで投げるようにした。だが、更に思うようなボールが投げられなくなっていった。ワンバウンドや大きく逸れるボールが増えた。投げづらい、体がうまく動かない状況が続いたが、何とか独自に修正しながら、誤魔化しながら投げてきた。
高校入学後は、自ら外野手を希望した。しかし外野にコンバートしても状況はあまり変わらなかった。特にカットマンに投げる、短い距離の送球が殊更苦手になった。

◆所感

フォームを見ると、利き手だけで投げざるを得ない動きが身についていた。右肩、右肘、右手首だけの運動のように映った。リリースポイントに不安があるのは見て取れた。利き腕を思うように振れないためか、リリースポイントでは、ボールを撫でているように見えた。
初回のキャッチボール終了後、問題点を指摘した。これまであまり指摘を受けたことがないような点を指摘されたようで、少し「?」な状況だった。しかし説明を重ね理解、納得頂いた。
2回目のキャッチボールに入った。1球目からリリースポイントに変化が現れた。「いい感覚です」と言っていた。2回目、3回目とキャッチボールを行った。回数を重ねる程、力感を感じるフォームが出始めた。ボールの回転数も一気に上がってみえるようになった。何しろコントロールの左右ブレが一気に減少した。ワンバウンドになるような球もなくなった。一緒に来られたお父様も傍らで喜んでいた。
最後に今後の反復練習の方法をお伝えして無事終えた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→161417f受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明