「イップスについてはよく聞いているのですが、精神面‥」(高校生・東京都・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい・

・投球に違和感を感じる時がある。ランナーが出ると顕著になる
・牽制のサインが頻繁にでるとストライクが入らない
・スライダー回転になる
・ストレートより変化球の方が投げやすい

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・フォームの変更
・その他

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約1年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・カウンセラー

◆これまでの経緯

約1年前のピッチング時、突如制球が定まらなくなった。投げ方がおかしいのだろうと思い、テイクバックに修正を加えた。他、沢山のアドバイスを受けた。以下のような点である。
・利き腕を後ろに引くのではなく、左右に両手を広げるようにテイクバックをとること。”割れ”をつくること。
・利き腕を斜めに振っている”→”利き腕は縦に振る”
・投球フォームは勢いをつける、或いは投球フォームに緩急をつける(足を上げるときはスピーディーに、降ろす時はゆっくり等)

◆所感

これまで数多くの動作改善指導を受けてきたようだった。手先でボールをコントロールするしかない状態になっていた。リリースでは、指の先まで気にしている様子が伝わってきた。また、ステップ足のステップ幅が必要以上に大きかった。必要以上にステップ足を上げた時の「型」を意識している様子が伝わってきた。「変化球の方が投げやすい」といった通り、ストレートを投げるとボールの回転が不規則になり、リリースが上手くいっていない状態が見て取れた。

動画を撮り、一緒に見た。原因を説明した。すぐに合点がいった様子であった。早速解説した点に留意して投げてもらった。1回目、2回目、3回目と徐々に高めに力強いボールが出てきた。リリースで「むちゃくちゃ気持ちがいい」という言葉が出てきた。まだ100%ではないものの、”投げる”とはこういうものだ。というのを実感していた。最後は確認の為の近距離キャッチボールを行った。終了後、補足した。やってはならない練習。パフォーマンスのコンディショニングを維持するためコツを伝えた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→192114wa受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明