「説明、理由などが分かりやすくてよかった‥」(高校生・長野県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)
・肩、肘などの故障
◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約2ケ月経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯

数か月前の練習試合で大量失点。次の試合も2点取られて降板。その後野球部OBの先輩よりテイクバック変更のレクチャーを受ける。テイクバックが小さいとの指摘で、もっと大きくすることを試みる。最初は感じが良かった。だが、次の日になると思うように動かなくなっていた。急にバックネットに届くような暴投が出始めた。緊張が増すと余計にひどくなったが、緊張がなくとも投球動作に違和感を感じ始めるようになった。当然、以前の動きに戻そうとしてみたが、戻らなかった。次第に投球動作が難しくなっていった。投球動作自体が怖くなっていった。特に10㎡程の中途半端な距離がとても難しくなった。ピッチャーゴロ、バント処理も難しくなっていった。

◆所感

テイクバックに手が加えられ、完全に連動性が損なわれていることが見て取れた。リリースポイントも投げる度に変化。全ての動きを意識的に制御しないと、うまくボールをリリースできない状態になっていた。投げづらいと言っていた。リリースの感覚もなく、どこでボールが離れるか不安な様子であった。
最初の5セット程は中々元に戻らなかった。ボールの回転も不規則だった。だが本人も懸命に反復練習してもらったおかげで、徐々に本来のボールであろうスピンの利いたストレートが出始めた。
本人から「全然怖くなくなっている」、「指のかかりが利いてきている」と笑みがこぼれ始めた。心地良く投げられるようになっていった。
その後は実際のプレートから投げた。急に伸びるボールが出始めた。本人も驚いた表情をしていた。あとは更に再現性を高める練習、要点をレクチャー。手応えを感じ取っていた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→121713j受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明