「今まで投げることが苦痛だったりしたけど‥」(高校生・群馬県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・キャッチボールの相手まで届かない
・力感がない、力が入らない
・そのほか

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)

・フォームの変更

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約2ケ月経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの監督やコーチ
チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯

ノックで打球処理を誤り、利き手の爪が割れてしまうアクシデントがきっかけ。その後も無理して爪の怪我のまま投げ続けた。少し庇うようになった。数日経った練習試合で投手ゴロを暴投してしまう。その後も四球、ヒットが続き失点。直後指導者より叱責を受ける。
その後リリースでしっくりいかなくなった。対策としてまずはコントロールを改善する為に、ワインドアップからセットポジションで投球するようにした。ノースローも試した。グラブ側の腕の使い方も変更してみた。しかし以前のようなスムーズな腕の振りにならない。リリースで力が伝わらない感じが増幅される。ほか、投げるときは極力考えないようにしたり、逆に腕の軌道を意識して投げたり、肩を入れ替えるようなイメージで投げたり様々な工夫を施した。指導者も指導してくれた。だが変わらなかった。

◆所感

利き腕だけでボールをコントロールせざるを得ないフォームとなっていた。肘のしなりを意識した投げ方になっていた。上半身と下半身の調和が崩れていたため、思った以上に時間を要した。何度も何度も動作の矯正を行った。3時間程経過したあたりから徐々に均一な球質になり始めた。次第にリリースで力が伝わるようになったのか、ミットに収まる衝撃がだんだんと強くなってきた。胸周辺に届き始めた。指に掛かる手応えを感じ始めていた。
彼本来の100%のパフォーマンスではないと思うが、だいぶ改善されたのではないだろうか?数日後、彼の父親からメールが届いた。

「先日は遅くまでありがとうございました。翌日の練習で、キャッチボールしたところ、それを見たチームメイトが『良くなったじゃん!』と言ってくれたようで、嬉しそうでした。」

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→172129a受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明