「受講して本当に良かったです!今で無く、野球を始めた時から‥」(高校生・山形県・捕手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・よくひっかかる
・キャッチボールの相手まで届かない
・短い距離で投げることが難しい
・プレッシャーに関係なく、ボールコントロールが大変だ

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)
・その他

◆悩み始めた時・期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・3年位経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの監督やコーチ
・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯

3年前(中学生時代)の試合で、急に投手への返球からおかしくなった。その後の練習や試合でも送球時の暴投が続いた。メンバーはイップスについて理解があり助かったが、症状は改善されずそのまま中学時代を何とか過ごした。
高校入学して環境も変わればと思ったが、改善はされなかった。自分に合う投げ方を模索し、サイドスローもやってみた。最初は良かったが、また不具合さが戻った。足を使って投げることも試してみたが、よくつかめなかった。前に体重を乗せて投げることも行ったが、結局ダメだった。

◆指導

本人、家族のご要望もあり2日間かけて行った(通常は1日)。1日目でも十分つかんだ様子は感じられたが、2日目は、より動作の構造理解と実際の動作がマッチした状態で心地良さそうに投げていた。課題としていた距離感、速度調節も手応えがあったようで気分よく投げていた。表情や発言も前向きになっていった。
捕球後のセカンドスローも行ったが、スピンの利いた安定軌道を描くボールが何度もセカンドベース上に届いた。イップスの誤解が解けたと同時に、自分本来の送球に満足頂けたのではないか。
あとは、より自動化を促す為の反復練習が必要。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→1331732312f受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明