「とても勉強になりました。よかったです。‥」(高校生・福岡県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・よくすっぽ抜ける(高く抜ける)
・よくひっかかる(ワンバウンドが多い)
・リリース時、感覚がない
◆悩み始めたきっかけは何ですか?
・暴投(試合や練習時)
◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・2年程前から

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・監督、コーチ

所感

◆投球動作のフェーズ分けから見た所感

①ワインドアップ期(準備段階。ステップ足が一番高い位置までの間)
・軸足へ過度に体重が乗り過ぎていた。
・ステップ足を上げると、バランスが取りずらい様子が窺えた。
②アーリーコッキング期(グラブからボールが離れ、ステップ足が地面に着地する間)
・着地するまでが身体がフワフワした状態に見えた。
・ステップ足への体重移動が早過ぎであった(突っ込み)。
③レイトコッキング期(ステップ足が地面に接地し、利腕を後ろに引いた時までの間)
・ステップ足の着地とトップのタイミングが都度合っていなかった。
④アクセレレ―ション期(利腕を後ろに引いた時点からリリースまでの間)
・トップのタイミングからリリースまでの軌道が1球ごとに異なり、その制御の大変さが伝わってきた。
・テイクバックで利き腕が身体から離れ過ぎていた。
・リリース前に肘が過剰に屈曲していた。
⑤フォロースルー期(リリースから投球動作が終了するまで)
・リリースポイントで、力が上手く伝わらない様子が見てとれた。リリースで撫でるような状態であった。

◆これまでの経緯
遡ると中学3年時。ノック時の暴投がきっかけかもしれないとのここと。以降テイクバックの修正やリリースポイント(ネットスロー等)を確認する練習を沢山行ってきた様子。ずっと自身の身体を思うように動かせない状態が続いていたそう。稀に調子が良い日もあるが、次の日には状態が戻ってしまうらしい。キャッチボールではワンバウンドか、大きく逸れる暴投が繰り返される。試合では四球が続く。試行錯誤やってきた様子。

◆指導
股関節の重要性は知っている様子であったが、テイクバック及びトップ位置への意識が過度に働き、投球動作時のバランスを失っていた。
一通り体系的な指導を行った後、癖のある余分な動作の微調整を行った。時間の経過とともに自動化が進み、再現度が増していった。以下コーチング時に聞かれた選手のコメント。

「ワンバウンドのないキャッチボールは初めてです」
「久しぶりです。この感覚。投げてて気持ちいいです」

あとは、より再現性の精度を上げていく練習が必要な為、そのコツをレクチャーした。
「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

受講後アンケート→171303SF 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明