イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「重心軸など体幹の使い方など色々と勉強に‥」(高校生・埼玉県・内野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・15ⅿ程の距離がうまく投げられない。

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

オフ明けの練習から
暴投(試合や練習時)
※オフ明けにキャッチボールを行った際、いつもと違う感覚になった。特に緊張やプレッシャーを感じていたわけではない。

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・3ヶ月前から

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

所感

◆投球動作のフェーズ分けから見た所感

①ワインドアップ期(準備段階。ステップ足が一番高い位置までの間)
・ステップ足を上げた段階から送球方向へ重心移動が起こっていた。
・母指球に体重が掛かっていた。

②アーリーコッキング期(グラブからボールが離れ、ステップ足が地面に着地する間)
・ステップ足への体重移動が殊の外早過ぎであった(突っ込み)。
・開かない為の意識付けか、過度にグラブ側の腕を意識して動かしているように見えた。
・トップへの軌道意識が見て取れた。
③レイトコッキング期(ステップ足が地面に接地し、利腕を後ろに引いた時までの間)
・ステップ足が地面に接地した段階で、既に投げる方向へ突っ込んでいた。
・利き腕の肘が思いの外、挙上出来ず、投球方向へ強引に引っ張り出さざるを得ない状態になっていた。
④アクセレレ―ション期(利腕を後ろに引いた時点からリリースまでの間)
・投球方向へ肩、胸、腰が早く開いてしまい、手投げにならざるを得ない状態になっていた。
・投球方向へ、手首や肘で送り出すようなリリースになっていた。
⑤フォロースルー期(リリースから投球動作が終了するまで)
・リリースポイントで、力が上手く伝わらない様子が見てとれた。その為、必要以上に腕を振っている様子が伝わってきた。

◆これまでの経緯
高校入学してまもなく”捕球後の送球が遅い”という指摘を受け、以降以下のような工夫をしてきたがうまくいかなかった。
・送球時は全てサイドスロー
・テイクバックの改善
・体重移動
・肘がしなるよう意識
・スナップスロー
等、できる限りの練習は行った。やればやる程混乱し、そもそもリリースポイントが分からなくなる。

◆指導
グラブ側の腕、テイクバックの軌道といった手先の意識的操作が殊の外強い印象を受けた。リリースで力が伝わりずらい状態になっていた。

休憩を挟みながら約30球のキャッチボールを数回繰り返した。最初はあまり変化が見られなかったが、時折スムーズな動きが出始める。
その後、捕球後の送球を実施。ステップワークを加えることで本来のスムーズな動きがより出始めた。自然と腕が振られる感覚が出てきた様子。
本来のスムーズな動きがようやく喚起され、出現してきたところ。今後は更なる反復練習が必要。

「ボディコントロール→ボールコントロ-ル」

受講後アンケート→192105j受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!