キャッチボールは基本ではなく、応用である

キャッチボールの精度(投球・送球)を見直してみましょう

今一度、キャッチボールの精度(投球フォーム)を見直してみましょう。
当研究所では、キャッチボールは基本ではなく応用とみなしています。何故なら、技能レベルに関係なく、キャッチボールが十分に出来ていない選手が非常に多いように見受けられるからです。キャッチボールは、各関節が連動し、自動化されたフォームがそのまま反映されます。従ってキャッチボールを見れば、効果的かつ効率的な関節連動及び、良好な制御感覚が出来ているかどうかがわかります。すなわち、キャッチボールの精度が、ピッチング及びスローイングの精度に直結することになるということです。
もし精度の低いままで投げ続けていると、次のようなムリ・ムダ・ムラ(3M)のあるフォームがいつの間にか定着してしまいます。
・ムリ(力任せで強引な動き)
・ムダ(余計な動き)
・ムラ(小手先で操作する動き)

このような状態で公式戦(リーグ戦)に臨んだ場合、“勝ちたい、勝たなければ“といったプレッシャーも当然かかるため、ミスプレーは勿論、故障の原因をつくってしてしまいます。改めてキャッチボールの精度を向上させる必要があります。

正しい投げるために