「丁寧な説明と、具体的な‥」(社会人一般・岐阜県・捕手)※WEBオンライン受講

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・投手への返球が難しい
・三塁送球が難しい
・リリースで、指先の感覚が乏しい感じがする
・リリースで、ボールに力がうまく伝わらない感じがする
・力いっぱいピッチャーに投げようとするとうまくいかない気がする

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・予期せぬ暴投

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約3年程経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯(概要)

3年位前、少し重みのある石を投げたことが恐らくきっかけ。直後肩が痛くなった。整形外科にも行き治療を始める。その後は肩にテーピングを巻いてプレーするようになった。テーピングを巻いていると痛みが軽減するし、気持ちも安心する。だが、痛みはないのにセカンド送球がワンバウンドしか届かない。投手にはふわっとした遅いボールなら問題ないが、少し力を入れて投げると、逆に届かない。どこにいくのか不安。その為、送球の度に相手チームからやじられる。

◆所感

まず、怪我(重い石を投げたこと)がきっかけであり、痛みもある最中その後も無理して投げ続けたことで、一連の動作に不具合が生じてきたことを理解した。原因が、メンタル云々ではないことをお伝えした。ネガティブなイメージも、不安定な動作から不安な心が生まれているため、画面越しながら、動作の安定を促す基本的動作をレクチャーした。10日後、フォローアップのコーチングで報告を聞いた。以下その時のコメント。
「あのコーチング後、捕手で3試合出場しました。苦手だった三塁のスローイングですが、サードがびっくりしていました。すごいボールだった。と」
「1度だけ投手への返球がうまくいかないことがありました。けど、修正できました。しかもあと3試合全てスムーズに動けました」等々、うれしい報告を直に頂きました。良かった!
他、今回のコーチングを受けて、補足の質問が数点あったので、それに回答し、フォローアップのコーチングを終えた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート

2219239受講後アンケート(web)

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明