「とても勉強になりました!‥」(社会人一般・東京都・外野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・力感がない、力が入らない

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・その他(クイックの練習をし始めてからおかしくなった)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約5年程経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯(概要)

中学生の頃に遡る。試合で外野の守備についた際、捕球エラー。その後、捕球だけでなく、送球ミスまで怖がるようになった。以降、外野からカットマンへの中継でも、ショートバウンド送球が時々出るようになった。
高校時代が特に酷かった。先輩とのキャッチボールが恐らく更なるきっかけ。リリース後、ボールの軌道を観るようアドバイスをもらったのだが、中々上手くいかなかった。次第にリリースを気にするようになり、上手く投げることが出来なくなった。
社会人になり、草野球に誘われた。久しぶりにキャッチボールをするも、状況は変わっていなかった。

◆所感
ステップ足と、テイクバックのタイミングが合っていない様子が見て取れた。何度投げても同じようなリズムで、同じようにタイミング合っていなかった。好ましくないフォームが定着していた。従って、調和が取れないなか、手先でリリースをコントロールするしかない状態であった。
投球動作の基本構築を行った。計3回のキャッチボールだったが、2回目から心地よいボールが数球だが出始めた。関節が上手く連動し、ボールがリリースされる仕組みを身体で実感し、その仕組みを理解できたように思う。
ただ、まだ実感したばかり。再現性が高いわけではない。今回喚起されたスムーズな動きを今後定着させていかなければならない。これまで感じたことのない動感を体験した様子で喜んでいた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→2119112stj受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明