「楽しく、分かりやすかった‥」(中学生・秋田県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・よく引っかかる
・リリースで力が入り過ぎる(力を抜くとボールが落ちそうになる)
・リリース時、感覚がない
・力感がない、力が入らない
・プレッシャーに関係なく、ボールコントロールが難しい

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・その他(クイックの練習をし始めてからおかしくなった)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約2年程経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・両親

◆これまでの経緯(概要)

思い起こせば、小学6年生の頃から投げることに違和感を感じていた。
ある内野手で出場した試合(本来は投手)でゴロを捕球後、バックホームに投げた際、リリースで引っかかり暴投。その後、何となく送球で違和感を感じ始めた。特に対処することもなく時間が経過。そのまま中学へ。
ある日、投手でクイック投球の練習をしていた時、また以前と同じような”変な感覚”になった。しかしその後も変わらず投げ続けた。以降、遠投でもよく引っかかるようになった。今は、その状態のまま、何とかその場を凌いできている。

◆所感
投球動作そのものに不具合さがあることが見て取れた。
リリースでのすっぽ抜けと、引っ掛けが交互に起きていた。本人も自覚していたが、プレッシャーに関係なく起きていた。利き腕のテイクバックと、ステップ足の上げ下げ~着地までの一連のタイミングが合わない状態が繰り返されていた。従って、どうしても手先でリリース調整するしかない状態であった。

問題点を伝え、すぐにレクチャーに入った。思った以上に改善が早かった。まだレクチャーの半分程度の段階であったが、改善した動きが突如現れた。恐らく本来のフォームであろう。ボールのキレが増した。気持ち良く投げていた。その後は残り半分のレクチャーを行った。変わらずというより、更に球の勢いとコントロールの精度が向上(回復?)してきた。本人も「気持ちがいい」と言っていた。
休憩を挟み再度レクチャー。好ましい動作プログラムを定着させるために、球数を多くした。時々現れる以前の動作プログラム”があった。今後のために微調整の仕方を伝えた。すぐに切り替えることができていた。修正点のポイントも掴んだ様子であった。
3日後父親から、以下お子さんの経過メールが届いた。
「今日もスムーズに投げられました。気持ち良さそうです」

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→161005j受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明