「今回受講してとても満足しています‥」(中学生・神奈川県・投手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい・

・投げ方を忘れた。日によってフォームを変えなければいけない。
・リリースポイントがわからない
・テイクバックを大きくしたいのに、小さくなってしまう
・肘や手首が伸びたままみたいになる
・手先だけで投げている感じがする

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・試合中に急にボールが抜ける感じがした。その後いろいろ修正していくうちに分からなくなった。

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約4ケ月経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・両親

◆これまでの経緯(概要)

夏の試合で登板中、ボールが抜ける感じがした。その試合は良い結果が得られず途中降板。翌日からフォームの修正を施した。練習で修正を重ねるうちに次第に投げ方が分からなくなっていった。サイドスローにもしてみた。まだましだった。ただその状態は続かず日によって、投げ方を変えないと上手く投げられない状態になっていった。

◆所感

勢いをつけて投げざるを得ないフォームが身についていた。一緒にキャッチボールをしても、投げることが心地良さそうに見えなかった。利き腕の軌道、リリースポイント、グラブ側の腕の位置も安定せず、不快で不安な状態で腕を振っているように映った。
最初のキャッチボール後、数点指摘させて頂いた。ご両親も同席頂いていたため、説明を一緒に聞いて頂いた。なぜ、フォームが分からなくなるのか?なぜリリースで力が伝わらないのか?等、現状の原因となる動きについて解説した。
休憩後、キャッチボールを再開した。1回目はあまりピンときていない様子であった。だが2回目のキャッチボールから動作制御が利き始めた様子が見て取れた。「いい感じです」とコメントが聞かれた。その後の3回目は更に良い感触を得ていた。その後補足説明した。最後のキャッチボールでは、不安定な動きをするフォームから、非常に安定したフォームに変わっていった。ボールの回転も一定になってきた。ほぼ毎球私の胸にスピンの利いたボールが届いた。「自然に、楽に出来るようになった」と言っていた。とてもリラックスして気持ち良さそうに投げていた。
終了後は、より改善へ向けて、絶対にやってはいけない反復練習、やった方が良い反復練習を伝えて終了した。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→16143n受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明