「きっかけを掴むきっかけになった‥」(社会人一般・東京都・外野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・投げ方が分からない
・利き腕が頭に当たって投げづらい
・塁間も投げられない
・肘や手首が曲がったまま

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・肩、肘などの故障
・怪我(肩、肘以外)
・フォームの変更

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約3年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・まだ誰にも相談できていない

◆これまでの経緯

中学3年生の頃。当時肩を痛めていたが、じきに癒えるだろうと、そのまま投げ続けていた。だが、いつの間にか、肩を庇うような投げ方になっていた。投げ続けるうちに、今度は肘も痛めるようになった。病院に通院するようになった。チューブトレーニングなどリハビリも行った。おかげで痛みが癒えた。
その後当時の指導者から「サイドスローに変更してみるか?」と打診を受け試してみた。確かに最初はオーバースローよりはましに感じた。だが、次第にサイドスローも上手く投げられなくなっていった。リリース前に頭にじかに当たるようになった。これでは到底投げられないという判断から、その後はセカンドへコンバートになる。
高校へ進学。あまりに投げられないため左投げにチャレンジした。左投げの練習のおかげで、左で少しは投げられるようになった。右投げよりはましだと思う。その後高校を卒業し、社会人になった。やはり野球をやりたいと思い継続。ただ右投げの不具合はそのまま。やはり本来の右投げでチャレンジしたくなった。ちゃんと投げられるようになりたい。という思いが最近強くなり受講に至った。

◆所感

強固な不随意運動が見られた。テイクバックからリリースまでの過程が想像以上に動かしづらい様子が伝わってきた。本人が言うように、利き手が頭に当たっていた。メンタル云々ではないのは誰が見ても明らか。サイドスローにしたことがかえって、オーバースローとの特徴的動作が混在し調和が取れない不連動な動きが定着していた。※上半身と下半身の連動が嚙み合っていない状態。
今回、とにかく時間を要した。お昼過ぎから開始したが、日没過ぎまで改善に時間がかかった。なかなか改善の兆しがみられなかった。私も持っている知見を限りなく提供した。

そんな最中、最後の20分程で本人のコメントから「あっ」といった声が聞かれた。頭に当たることなく、テイクバックからリリース間の引っ掛かりもなく、スムーズに腕が出てきた。
「あ、今の気持ちがいい、あーいい感じ」とようやく声が聞かれ始めた。リリースの感触とボールコントロールができるようになる瞬間がやってきた。彼の心地よい実感が私にも伝わってきた。
その後夕暮れの最中、キャッチボールを数セット繰り返して、どうしたら心地よい一連の動きを発生させられるのか?ポイントを確認した。笑みがこぼれた。私もほっとした。
ただ、恐らく今は”どうすればいいか?”が分かった段階であろう。その改善への手応えをつかんだ段階だと思われる。これからが本格的な回復に向けての”反復練習”が必要となってくる。
終了後は、今後に向けての練習方法などを確認した。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→18134o 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明