「目から鱗が落ちました。異常となる原因が‥」(社会人一般・神奈川県・外野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・キャッチボールの相手まで届かない
・リリース時、感覚がない

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(試合や練習時)
・ミスプレー(暴投以外)
・肩、肘などの故障
・怪我(肩、肘以外)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約5年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

・チームの監督やコーチ
・チームの同僚、先輩、後輩

◆これまでの経緯

高校まで硬式。その後25才~30才まで草野球。
50代で久しぶりにソフトボールを始めた。スローイングがうまくいかなかったので、先輩たちに指導を受けるようになった。みんな親身になっていろいろと教えてくれた。だが、アドバイスを受けていくうちに次第に動作がおかしくなり始めた。
以下よく指導を受けたことである。
・ボールの持ち方
・モーションでは胸を大きく開くようにする
・肘を高く上げる
・体をつかって投げる
・リリース途中、視界に入ったときにボールをリリースする

だんだんと指先でボールを切る感覚が分からなくなっていった。ボールを持ってから、どこをどう動かしていたか?、どう動かせばいいのか?分からなくなっていった。

◆所感

これまで局所意識を持って練習を重ねてきた様子が窺えた。特に利き腕の手首への意識。指先、手首を使ったスナップスローの意識を殊の外強く感じた。
また”体を使って投げる”という概念がイマイチ実感出来ていなかった。上半身と下半身の動きが合っていなかった。この状態で緊張した場面に出てしまうと、あらぬ方向にボールを投げてしまうのも無理はないことが想像できた。ボールを投げるという運動連鎖が出来ていなかった。
スムーズな動きを喚起できるまで思った以上に時間が掛かった。最後の最後10分程で「あっ」という瞬間が出てきた。ボールが自然に離れた瞬間である。心地良さそうであった。その後、数球続いた。笑みがこぼれた。「そういうことだったのか?」と合点がいった様子だった。

まだ改善の入り口に立ったばかり。今後の反復練習の留意点、絶対に行ってはならない練習法などを提示した。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→9112j受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明