「勉強になることが多くてよかったと思います‥」(社会人一般・愛媛県・外野手)

事前アンケート及び当日のヒアリングから

◆現在の状態を教えて下さい

・投げ方を忘れた
・よくひっかかる

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・フォームの変更
◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約10年経過

◆イップスについて、どなたかに相談されていますか?

チームの監督やコーチ

◆これまでの経緯

遡ること約10年前の高校2年生の頃。スローイングがあまり良い方でなかったこともあり、当時の指導者より送球のレクチャーを頻繁に受けた。「体全体を使って投げよ」、「もっと肘を使って投げよ」。当時の指導者も親身に指導していただいた。有難かった。だが、どうにも自分の体が反応できなかった。次第に投げ方そのものがわからなくなっていった。リリースで違和感を感じるようになっていった。送球が定まらないまま高校野球を終えた。
卒業してからは、しばらく野球から離れた。数年後、知人から野球(軟式)に誘われるようになった。久しぶりのキャッチボールだったがやってみた。以前程でもなかったが、あまり状態が良くなってはいなかった。。その後、今度は地域のソフトボールで声を掛けられた。送球不安はあったが、試しにソフトボールを投げみた。普通に投げられた。ん、なぜ?おかしい。。左で試しに投げてみた。左だと問題ない。むしろ左の方がいい。なぜ野球(軟式)だとうまく投げられないのか?わからなかった。

◆所感

ソフトボールではそれ程でもないが、軟式球を握ると、何とも言えない不快な触感から嫌なイメージが蘇ってきていたのだろう。だからであろう、中指と人差し指、そして親指の腹の先端だけでボールをつまむようにボールを握っていた。それだけ不快だということである。結果、手先だけで操作せざるを得ない投球動作になってしまっていた。無理もない。それが定着していた。
テイクバックもほぼ全く取れていなかった。意識的に指先で弾きだすしかないリリースなかった。送球されたボールはほぼ無回転。フワフワと風船が漂うような軌道か、一気に指から飛び出すボールであった。これではプレッシャーがかかったらひとたまりもない。

予想以上に時間がかかった。変化が出るまで約3時間はかかった。送球されたボールに回転が生まれてきた。「おっ」というような表情に変わった。「気持ちがいい。自然にリリースされる」と声が聞かれはじめた。徐々に心地さそうな表情が出始めた。次第に自身の体が自在に制御されている感覚を得たのか、フォームそのものに力感が出始めた。フォームも本来のものであろう、見違えるほどバランスの良さを感じる投げ方になっていた。テイクバックが自然に出来るようになっていた。
帰り際、反復動作のコツと練習方法を伝えた。

「ボールコントロール」→「ボディコントロール」

◆受講後アンケート→182031m 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明