イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「受講してから前のように投げられるようになりました‥」(中学生・投手・茨城県)

イップス克服コーチング受講者の悩み(当日ヒアリングより)

◆現在の状態を教えて下さい

・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・リリース時、感覚がない
・キャッチボールの相手まで届かない
・リリース時、リリースポイントを見る

◆悩み始めたきっかけは何ですか?

・暴投(練習時)

◆悩み始めた時期から、現在までどの位の時間が経過していますか?

・約2、3週間経過

◆イップスの症状について、どなたかに相談されていますか?

・チームの監督やコーチ

受講者の特徴・松尾の感想

◆最初にキャッチボールを見た感想

・撫でるように腕を振るしかない状態に見えた。
・手先でコントロールしかない状態であった。
・体重移動が殊の外早く見えた。
・上半身の傾きが早かった。
・力感のないフォームが形成されていた。
・ボールの回転が不規則であった。
・投げ始め、特に1、2球目がとても投げづらそうに見えた。

◆イップス克服コーチングの指導と感想

リリース前の肘の角度が鋭角になり過ぎていた。投げる方向に極度に肘だけが出てしまい、姿勢が崩れてしまい撫でるか引っかかるようなリリースしかできない状態になっていた。短い距離、投げ始め程、私のひざ元にボールが届いた。時にワンバウンドになった。本人も相当に投げづらそうであったが「今日はまだ良い方です」と言っていた。

約1時間半、何故コントロールが定まらないのか?なぜ投げずらくなったのか?を本人のフォームを元に説明。合点がいった様子。
特に突っ込んでしまっていることを時間をかけて説明※本人にその意識はない。

改善は予想以上に早かった。解決方法を提示して1回目のキャッチボールから、ひっかかる球も1、2球あっただけで、次の球の修正もしっかり出来た。ボールの回転数も上がって見え、回転も規則的になってきた。本人も「投げていて心地がいいです」とコメントが聞かれた。その後、休憩を挟み約30球4セット程キャッチボールを行った。距離の変化、スピードの強弱を付け、好感触の再現性を確認した。重心線プレートも活用し、更に手応えを掴んでいった。
最後に、内野手も兼務しているようなので、実際の動きの中でのスローイング練習も行った。正面のゴロ、左右のゴロと、捕球後のスローイング練習を行った。時折、送球がブレることがあったが、すぐに修正方法を確認し、自ら修正をしていた。投げる程にひっかかるボールも激減。精度も向上していた。ボールにキレも出てきた。キャッチボールがとても心地良さそうであった。

「ボディコントロール→ボールコントロール」

「ボディコントロール→バットコントロール」

受講後アンケート→12001912⑨ 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!