イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「重心の位置について今までは、投球動作に入る際、・・」(社会人一般・埼玉県・投手)

現在の状態を教えて下さい>※事前アンケートによる

・よくひっかかる
・力感がない、力が入らない

<コーチング・コース>

イップス症状改善コーチング

<最初のキャッチボールを見た感想(特徴)及び、その後の指導>
・リリース時、ボールに力が伝わっていないことが時折様子。その為か、アウトコースに流れてしまうボールがあった(右投げ)。
・母子丘に体重が乗り、体が前方へ傾いていた。
・胸が前面に向くのが早く、体が開いている状態であった

基本的な投球動作及び、投球動作に入る1つ手前の身体の立ち方、立て方から説明させて頂いた(何故なら、投球モーションに入る前の立位時から若干身体が突っ込んでいたからである。本人は無意識)。又、ステップした際、身体の前後移動が若干大きく、不安定になっていたからである。
原因を指摘し、レクチャーを行った後、キャッチボールを行った。4~5セット程キャッチボールを繰り返した。時折ひっかかるボールはあるものの、指先への掛かりを実感出来るようになった様子。投げていての心地良さも出てきた様子。横ブレも小さくなっていった。胴体の制御感が出てきた様子であった。
100%解消とまではきていないが、好感触をつかんだ様子。好感触は、パフォーマンス安定の源になる。そして自分の投球に期待が持てるようになる。今後は、その好感触の投球動作を回数を刻んで神経に摺りこんでいって欲しい。

「ボディコントロール→ボールコントロール」

「ボディコントロール→バットコントロール」

受講後アンケート→3103④ 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!