イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「腕の振りが楽になりました」(中学生・神奈川県・捕手)

<現在の状態を教えて下さい>※事前アンケートによる

ひっかかる
ジャイロで腕をひねることに意識が向かいすぎて、投げ方がわからなくなった。

<コーチング・コース>

イップス症状改善コーチング 【120分】

<最初のキャッチボールを見た感想(特徴)及び、その後の指導>
・ジャイロ投法を過分に練習を重ねたものと見られる。肩肘、手首の内捻が過度に働いているように感じられた。

キャッチボールを観察させて頂いた。さほど大きな軸ブレはなかったものの、胴体がうまく使われず、小手先の内捻だけでボールを投げている印象であった。
一旦、ジャイロのことを頭から離していただいた。そしてそもそもの”投げる”概念の再形成に入った。そういった点からひとつひとつレクチャーに入った。足から一つ一つ、動作を交えながら投げる概念の構築を行った。途中、バットスイングを行い、投打の共通点に気づいて頂いた。その後再度送球へ。残り30分程で、イップス改善の為の「装具」を装着してもらった。歩行で体を慣らして頂いた後、キャッチボールを行った。受講時間終了間際であったが、投げていて一気に心地良さそうな表情になった。コメントを聞くと、「腕の振りが楽になりました!」と言っていた。
身体が思うように動くと、投げることそのものが心地よくなります。心地よさを感じると。又、次投げたいという気持ちなります。そして又投げてみると心地よくなる。。そのループが必要なんです。

 

「ボディコントロール→ボールコントロール」

「ボディコントロール→バットコントロール」

受講後アンケート→1402① 受講後アンケート

※上記アンケートの質問5には、「イップス解消の為のイップス改善トレーニング装具」について、その評価が掲載されています。

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!