イップス
  1. レベルアップ
  2. 重心

「イップスの原因が具体的に分かり、大変助かり・・」(社会人一般・千葉県・内野手)

千葉県の社会人一般(内野手)がイップス症状改善コーチングを受講致しました。

<現在の状態を教えて下さい>※事前アンケートによる

・動作をうまく制御できない
・投げ方を忘れた
・よくすっぽ抜ける
・よくひっかかる
・リリース時、感覚がない
・力感がない、力が入らない

<コーチング・コース>

イップス症状改善コーチング Plus1  【120分+60分 30,000円】

<最初のキャッチボールを見た感想(特徴)及び、その後の指導>
・投球方向へ大きくスウェイしていた。
・前方への体重移動が早く、上半身の制御が利かない状態になっていた。特に肘から先の動きが著しく制御され、機能していない状態になっていた。
・体軸の感覚がつかめず、投球動作そのものが制御しづらい様子が見て取れた。

腕が振れていないというよりも、本人からすれば、腕を振ろうと思っていても振れないといった状態であった。
このような状態で、いくら「腕をもっと振れ!」と言われても、腕を振れるものではないことがよく伝わってきた。肘から先が固まり、各関節が連動されずにボールがリリースされていた。1球1球投げることの苦労が伝わってきた。

最初の2時間で原因究明と解決方法の提示。また実演を交え、改善練習を行った。最初の2時間で僅かに感覚を掴んだ様子。無理せず、その後1時間半の休憩。その後再開。今度は1時間みっちりキャッチボールを行った。
次第に指に掛かるボールの出現率が増えてきた。ひっかかるボールが減り、また横ブレ(左右のブレ)が激減。心地良くキャッチボールを行う様子が伝わってきた。
「久しぶりです。こんな感触」と笑顔が見られた。ただ、まだ100%ではないので、更なるキャッチボールは必要。今回お伝えした超近距離のキャッチボール及びバットスイング・プログラムを行って欲しいと伝えた。

「ボディコントロール→ボールコントロール」

「ボディコントロール→バットコントロール」

受講後アンケート→201511① 受講後アンケート

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!