正しい投げ方とは

重心が安定した投げ方を構築する(再構築する)

当研究所が考える「正しい投げ方」とは、重力を効果的かつ効率的に活用できている投げ方のことを指します。すなわち「正しい投げ方」とは、重心が安定しているフォームであると定義しています。重心の安定は、球速及びボールコントロール向上において、欠かすことのできない最優先すべき要素です。

当研究所では、正しい投げ方(重心が安定した投げ方)を構築するために『基礎』と『基本動作』に分けてレクチャーをしています安定した重心を獲得するまでを『基礎』の構築としています。『基礎』が球速及びコントロールの土台であり源です。
一方『基礎』が構築されている状態で、再現性の高い動作を創り出す動きが『基本動作』です。『基本動作』は、動作の加減調節の源であり、「応用動作」への橋渡しの機能へと繋がります。チョーキングを起こしやすい選手は、この基礎と基本動作がどうも出来ていないように窺えます。

これら『基礎』と『基本動作』を構造的に理解し一連の軌道を把握したうえで、ようやく反復練習へ移行することが可能です(フォームの定着を図るのはここからなのです)このプロセスなしに、ただ何となくボールを投げる反復練習を行うと、効果効率の低い、エネルギーロスの大きいフォームが出来上がる確率が高くなってしまいます『基礎』『基本動作』をマスターしているフォームは、再現性が高く、応用動作の習得も早いです。コンディションの調整もたやすく、修正能力の高さに繋がると考えられます。『基礎』、『基本動作』の習得は、筋力トレーニングや、メンタルトレーニングの効果を最大限に増幅させるものと考えております。いくら練習を重ねても、パフォーマンスが繋がらない選手は、この『基礎』、『基本動作』を見直してみる必要があります。


重心が安定している選手と、そうでない選手(基礎、基本動作)

正しい投げ方が出来ている選手
(重心が安定している状態)  
   
正しい投げ方がまだ出来ていない選手
(重心がまだ安定していない)
⊡投球動作が心地よい⊡投球動作が(あまり)心地よくない
⊡自動化されたシステムで投げているため、ボールコントロールがラク⊡腕力や手先で投げているため、ボールコントロールが大変
⊡緊張やプレッシャーが掛かっても、コントロールが乱れにくい
(許容範囲内)
⊡緊張やプレッシャーが掛かると、コントロールが頻繫に乱れやすい
(大きく影響を受ける)
⊡フォームの再現性が高い⊡フォームの再現性が低い
⊡球速調整がカンタン⊡球速調節が苦手
⊡関節可動域が拡がりやすい⊡関節の可動域が限定的
⊡ストレートにキレがある⊡ストレートのキレが今一つ
⊡スローイングミスが少ない⊡スローイングミスが自然と多い
⊡局所指導、ワンポイント指導で改善しやすい⊡局所指導、ワンポイント指導等では、改善しない※基礎、基本動作が不十分。

正しい投げ方が構築されていることで、反復練習の効果が表れます。正しい投げ方が出来ていれば体の成長(身長、体重、筋力)と共に球速もコントロールも増していきます。しかし正しい投げ方が、まだ出来ていない状態であれば、機能的な関節連動が構築されていないため、練習すればするほど、かえって非効率なフォームが定着してしまいます。
なお上の表で、左側(正しい投げ方が出来ている)にチェックがほぼ当てはまる選手は、既に自然とマスターしている可能性が高いため、敢えて改めて学ぶ必要はありません。

正しい投げ方(無料相談)