よくある質問

イップス克服コーチングに関するよくある質問

Q1:どのような方が受講されていますか?

A, 12歳(小6)~50代後半(成人)まで受講されています。

少年野球~プロ野球選手まで(高校生、大学生、社会人が多い)。男女比は約99%が男性。約1%が女性(ソフトボール)。
尚、小学生、中学生のお子さんで受講をご希望の場合は、保護者様も同席していただくよう願いしています。

Q2:ポジションに関係なく指導してもらえますか?

A, はい、大丈夫です。

Q3:1回でも受講すれば改善しますか? 手応え(効果)は感じられるものでしょうか?

A,  はい。これまでの受講者の反応やアンケートを拝見すると、何等かの改善の手応えは感じ取っていただいております。個人差はありますが、1回の受講で大幅に改善、克服される方も珍しくありません。

1回の受講で改善、克服される方も珍しくありません。しかし、多くは数週間~2~3ケ月は必要かと思われます。。何故なら、それまですり込まれた不快な動きや不随意動作が暫くは残っているからです。
尚「イップスとは何か、何故思うように身体が機能しなかったのか?何をどうすれば良いか!」といったアドバイスはきっちりしております。克服の為の練習方法もご案内しています。
※詳細は「受講者アンケート」をご覧下さい。多くの方が手応えを感じ取っています。

Q,4:初回受講後、2回或いは3回と継続して指導してもらえますか?或いはまとめて1週間、又は数週間おきといった受講は可能ですか?

A, 続けてお越しになられると、安定動作の定着は早いかと思われます。

ただ、初回受講後に更なる改善に向けた練習方法もお伝えしていますので自主練習も可能です。勿論、初回で良くなればそれに越したことはありません。何度もお越しになられる必要もありません。

Q5:ベーシックコースでも内容は十分ですか?改善可能ですか?

A, はい。勿論ベーシックコースも問題点の指摘や具体的な改善方法をお伝えしています。実際にキャッチボールも行います。計120分指導時間がありますので満足度も高いと思われます。

プラスワンコース、プレミアムコース(出張指導含む)は、ベーシックコースに微調整の練習時間をプラスαしたコースです。主に遠方で中々指導が受けられない方や、受講するなら集中してきっちり学びたい方がお受けになられています。

Q6:イップスに見られる共通点はありますか?

A, 私が指導してきた中で得た共通点は3点あります。

  1. 投球動作に入った瞬間から身体が不安定。前後左右(特に前方)への移動が激しい点。上体が流れてしまいボディコントロールが困難になっています。
  2. 1と連動してきますが、軸足への荷重感覚が浅く、身体に浮遊感覚がある点。意識が上昇。“地に足が着いていない状態”をつくりだしています。
  3. リリースポイント或いは手首、肘に過剰意識がはたらいています。身体が安定していない為、ボールコントロールを腕だけで操作せざるを得ない状態に陥っています。動作の連動性が損なわれてしまっています。

自分本来のフォーム(型)が崩れてしまい、中々思い通りに身体が動いてくれません。又、どこをどうして動かして良いかさえ分からない状態になっていることも多いです。

Q7:投球フォームを強制的に変更することもあるのでしょうか?

A, いいえ。投球フォームを強制的に変更することはありません。

症状によっては結果的にフォーム変更となるかもしれませんが、あくまでも本人の意思を尊重のうえアドバイスを行います。
※当所は選手本来の自然な動作を取り戻していただくのが主旨です。

Q8:どこに行ったら指導を受けられますか?また地方に来ていただくことは可能でしょうか?

A, 現在は神奈川県相模原市の屋内施設を一部貸切り(2~4時間まで)指導しています。 地方出張は可能です。

これまで沖縄県、福岡県、山口県、愛媛県、高知県、兵庫県、大阪府、京都府、三重県、愛知県、新潟県、群馬県、埼玉県、神奈川県、千葉県といった都府県に出張指導で伺っております。
来所頂く場合は施設の関係上、4時間までしか場所使用できませんが、出張指導の場合、キャッチボールの場所さえあれば6時間まで受講可能です。

Q9:指導の流れを教えて下さい

A, キャッチボールをメインに行います。本来の動きを喚起し、好感触の再現性を高めます。スムーズな動きが定着出来るよう促します。

  • アセスメント(状態ヒアリング)
  • 状態観察(キャッチボール)
  • 問題点の指摘(フィードバック)
  • 動作改善指導(キャッチボール及びコーチング)※思考整理、感覚を引き出す為にコーチングスキルを活用
  • 今後の練習方法、留意点等(アドバイス)

Q10:野球以外のスポーツもみてもらえるのでしょうか?

A, はい、大丈夫です。

テニス、ボート、ダーツ、ゴルファー、書痙(しょけい)の方への指導経験があります。好感触を得ています。アプローチは若干異なりますが、原理は同じです。

Q11:指導者が選手の為に受講しても良いでしょうか?

A, 推奨します。

Q12:チームで受講することは可能ですか?

A, 可能です。実際に某県の高校・硬式野球部において実施しています。

イップス気味の選手をメインに部員の約10%を直接指導。個人差はあるものの、全員、即時的効果を実感。改善しているようです。リクエストがあれば、イップス予防の講義等も可能。※要事前打合せ。まずはお問合せ下さい。

・お問合せ先
info@matsuoakira.com

お問合せ例→「チーム受講の件」
●●県▲▲市の硬式野球部・監督の◆◆です。イップス気味の選手が数名おります。イップスの選手は勿論、イップスの認識を深め、予防策等を聞いてみたいです。

 

Q,13:コーチングを活用して指導していると聞きましたが、どのようなコーチングをされているのですか?

A,  適宜必要に応じて行っております。

どうしたら良いか分からず”答え”を求めに来られる方が100%ですので、まずはきちんとしたノウハウを教える為にティーチングスタイルで体系的に接しています。
コーチングは、質問型のコミュニケーションです。自発的な行動を促進するものです。思考整理の時、練習計画構築の時、行動促進の時等に活用しています。

Q,14:プロの選手も受講されているのでしょうか?

A, はい。受講されています。

本人の意向等もあり、紹介はしておりませんが、とても良い手応えを得られ、今もプレーしています

Q,15:イップスはメンタルが原因で、メンタル面を改善しないと、解決できないのではないですか?

A,  メンタル面のサポートもあると良いとは思いますが、メインで受けるものではないと思われます。イップスは機能的に身体が動かなくなっていることをまずは理解しなければなりません。

誤解が多いところですが、イップスは神経症(こころの病)ではありません。何故なら神経科学の解説書(本サイトのHPにて紹介)において、その旨の結論付けが既に為されているからです。
この結論は、私自身のイップス実体験と、これまでのイップス克服指導の実践知から見ても合点がいきます。

スポーツ選手のメンタルは、意図する動作、円滑な動作が基盤にあると考えます。その上に強固なメンタルが存在すると考えます。
イップスの選手は通常の状態から、感触や動作にどことなく不具合さを既に感じています。その機能的な不具合さを取り除かないことには改善、克服には至らないと考えています。

本来の動作を取り戻すことで「投げていて心地がいい」といった状態が訪れます。身体操作感が戻り、指先へのリリース感覚が蘇ってきます。すると本来のパフォーマンスが発揮され、自信も取り戻していくかと考えています。
「受講者の声」