よくある質問

イップス克服コーチングに関するよくある質問

Q1:どのような方が受講されていますか?

A, 12歳(小6)~50代後半(成人)まで受講されています。

少年野球~プロ野球選手まで(高校生、大学生、社会人が多い)。男女比は約99%が男性。約1%が女性(ソフトボール)。
尚、小学生、中学生のお子さんで受講をご希望の場合は、保護者様も同席していただくよう願いしています。

Q2:ポジションに関係なく指導してもらえますか?

A, はい、大丈夫です。

Q3:1回でも受講すれば改善しますか? 手応え(効果)は感じられるものでしょうか?

A,  はい。これまでの受講者の反応やアンケートを拝見すると、何等かの改善の手応えは感じ取っていただいております。個人差はありますが、1回の受講で大幅に改善、克服される方も珍しくありません。

1回の受講で改善、克服される方も珍しくありません。しかし、多くは数週間~2~3ケ月は必要かと思われます。何故なら、それまですり込まれた不快な動きや不随意動作が暫くは残っているからです。本人の修正能力にもよります。
尚「イップスとは何か、何故思うように身体が機能しなかったのか?何をどうすれば良いか!」といったアドバイスはきっちり説明しております。克服の為の練習方法もご案内しています。
※詳細は「受講者の声」をご覧下さい。多くの方が手応えを感じ取っています。

Q4:ベーシックコースでも内容は十分ですか?改善可能ですか?

A, ベーシックコースが基本です。実際にキャッチボールも行います。計120分指導時間がありますので満足度も高いと思われます。

プラスワンコース、プレミアムコース(出張指導含む)は、ベーシックコースに微調整の練習時間をプラスαしたコースです。主に遠方で中々指導が受けられない方や、受講するなら集中してきっちり学びたい方がお受けになられています。

Q5:投球フォームを強制的に変更することもあるのでしょうか?

A, いいえ。投球フォームを強制的に変更することはありません。

症状によっては結果的にフォーム変更となるかもしれませんが、あくまでも本人の意思を尊重のうえアドバイスを行います。※当所は選手本来の自然な動作を取り戻していただくのが主旨です。

Q6:どこに行ったら指導を受けられますか?また地方に来ていただくことは可能でしょうか?

A, 現在は神奈川県相模原市の屋内施設を一部貸切り(2~4時間まで)指導しています。 地方出張は可能です。

これまで沖縄県、福岡県、佐賀県、山口県、愛媛県、高知県、兵庫県、大阪府、京都府、三重県、愛知県、新潟県、長野県、群馬県、埼玉県、神奈川県、千葉県、秋田県、青森県といった都府県に出張指導で伺っております。
来所頂く場合は施設の関係上、4時間までしか場所使用できませんが、出張指導の場合、キャッチボールの場所さえあれば6時間まで受講可能です。

Q7:指導の流れを教えて下さい

A, キャッチボールをメインに行います。本来の動きを喚起し、好感触の再現性を高めます。スムーズな動きが定着出来るよう促します。

①ヒアリング
②実技観察
③実技改善指導
※プラスワンコース、プレミアムコースは、④応用練習(ピッチング、捕球後の送球など)を行います。

Q8:野球以外のスポーツもみてもらえるのでしょうか?

A, はい、大丈夫です。

テニス、ボート、ダーツ、ゴルファー、書痙(しょけい)の方への指導経験があります。好感触を得ています。アプローチは若干異なりますが、原理は同じです。

Q9:指導者が選手の為に受講しても良いでしょうか?

A, 推奨します。

Q10:チームで受講することは可能ですか?

A, 可能です。実際に某県の高校・硬式野球部において実施しています。

イップス気味の選手をメインに部員の約10%を直接指導。個人差はあるものの、全員、即時的効果を実感。改善しているようです。リクエストがあれば、イップス予防の講義等も可能。※要事前打合せ。まずはお問合せ下さい。

・お問合せ先
info@matsuoakira.com

お問合せ例→「チーム受講の件」
●●県▲▲市の硬式野球部・監督の◆◆です。イップス気味の選手が数名おります。イップスの選手は勿論、イップスの認識を深め、予防策等を聞いてみたいです。

Q,11:コーチングを活用して指導していると聞きましたが、どのようなコーチングをされているのですか?

A,  適宜必要に応じて行っております。

どうしたら良いか分からず”答え”を求めに来られる方が100%ですので、まずはきちんとしたノウハウを教える為にティーチングスタイルで体系的に接していきます。
コーチングは、質問型のコミュニケーションです。主として自発的な行動を促進する際に活用します。

思考整理の時、練習計画構築の時、行動促進の時等に活用しています。

Q,12:プロの選手も受講されているのでしょうか?

A, はい。受講されています。

本人の意向等もあり一部の方のみ紹介しております。

Q,13:イップスはメンタルが原因で、メンタル面を改善しないと、解決できないのではないですか?

A,  メンタル面のサポートもあると良いとは思いますが、メインで受けるものではないと思われます。イップスは機能的に身体が動かなくなっていることをまずは理解しなければなりません。

非常に誤解の多い「イップス(局所性ジストニア)」ですが、こころの病ではありません。何故なら、神経科学の解説資料(本サイトのHPなどでも紹介)において、その旨の結論付けが既に為されているからです。この結論は、当所のイップス克服指導の実践知から見ても、私自身のイップス実体験と合わせても合点がいきます。

とりわけイップスに限ったことではありませんが、きっかけと原因は区別して考えなければなりません。イップスは、メンタル面が“きっかけ”になることはありますが、“メンタル面が”原因”ではないことを理解しておく必要があります。

イップスの原因は、過度な同一動作です。更に現場の声を添えると、過度な修正、過度な局所意識です。その点を踏まえて解決に臨まなければなりません。

イップスに悩む選手は、意に沿わない不快なフォーム(型)が定着しているため、結果的にメンタルも低下、消極的になってしまうのです。従って、機能的な動作の回復、再構築が必要なのです。スムーズで自然な(本来の)フォーム(型)の動作プログラムへと導くことが必要です。
プロレベルの方だと「あ、こんな感じだった!」、アマチュアの方だと「心地いい、スムーズ、楽に投げられる、こんな感触初めて!」といった声が聞かれてきます。→「受講者の声」