イップス改善トレーニング装具・重心線プレート【特許取得】

イップス改善トレーニング装具・重心線プレートとは

本来のバランス感覚を引き出して、イップスの克服を手助けします

「重心線プレート」とは、イップスの克服を目的に開発した装具です。本装具を装着し、投球練習を重ねることによって、イップス特有の身体制御の難しさや不随意な動きを緩和させ、本来の機能的な投球動作を喚起します。自然なボールコントロールの発現を促します。

逆転の発想から生まれた、イップスを克服するトレーニング装具。不安定な動作を、更に不安定にすることで、逆に人間が持つ本来のバランス感覚を引き出します!

重心線プレートロゴ

重心線プレート仕様

商品名重心線プレート
(イップス改善トレーニング装具)
重量約150g(片方本体のみ)
材質ポリアセタール(樹脂)
大きさプレート部分 140mm×60mm×8mm
半球(取付けた状態)幅40mm×30mm
特許特許第6721896号
イップス改善用トレーニング装具およびイップス改善用トレーニングセット

作用効果(体軸獲得、体性感覚の獲得)

  1. 重心線、重心を正し、体軸感覚(中心感覚)を獲得します
  2. 足裏から体性感覚を喚起し、必要のない思考を減少させます。運動の自動化を促進します
  3. 体幹制御、体幹固定力の促進を図ります

重心線プレート効果度アンケート

受講者アンケートからも、イップス改善に高い効果を発揮することが確認されています。直近186名の方に装着いただき、その効果度を100点満点で評価頂いたところ、平均80点と高水準の評価を得ています。

イップス改善トレーニング装具(重心線プレート)の体軸実感の効果度アンケート

( 2017年 9月〜2019年11月調べ )

重心線プレートの役割

「体軸」や「重心」と耳にすると、あまりに当たり前過ぎるように聞こえるかもしれません。ですが、局所意識、局所修正の反復練習を繰り返してしまうと、その影響により身体の重心動揺が大きくズレ、不具合なフォームが形成されてしまいます。意に沿わない不安定なフォームがプログラミングされてしまいます。分かりやすく言うと、これがイップスです。

イップスは、動作の基軸(体軸)が安定しせず、荷重バランスが不安定な状態でフォームがプログラミングされているため。関節の連動に不具合が生じています。ましてや、以前安定していた動感と、現在の不安定な動感の乖離(ギャップ)が生じているため、違和感、不快感を伴っています。プロなどパフォーマンスレベルが高かった方であれば、猶更ではないでしょうか。

ただ、重心を安定しようと試みても、イップスの選手は、重心位置を知識として頭で理解していても、既に出来上がっている当該動作における神経プログラムが、本来の位置に戻るのを拒むため、中々重心の安定感を実感することが難しいと考えられます。電車を例に例えるなら、方向転換を施すポイントレールの組み違えです。いつしか意に反する線路へ方向変換がなされている状態です。イップスにかかっている選手なら凡そ言っている意味が理解できるのではないでしゅうか。このことを知らずに強引に当該動作を行い続けると関節に異常が生じ、故障に繋がってしまいます。その結果、多くの選手が、手探り状況が続いてしまうのです。

このような状況にいる選手のために開発したのが、「重心線プレート」です。重心線プレートは、その名の通り、身体重心を知覚し、安定運用できるよう馴染ませる装具です。私たちの安定動作の基礎を再構築します。

重心線プレートの購入・使用に関して

重心線プレートは、当研究所の直接受講(WEB受講)をお受け頂いた方のみ販売しています。

独特な使用方法があるため、また使用上の注意点をきちんと説明する必要があるためです。

実際にご試用頂き、効果を実感頂いたうえ販売しています。

購入ご希望の方は、直接受講或いはWEB受講時にお申し付けください(※WEB受講の方は、直に試用は出来ませんが、画面越しにて使用手順、使用方法をお伝えします)。