イップスに悩む選手に周囲ができること

イップスについて、周りの方が出来ること(指導者向け)※お願いです

  • イップスについて正しい知識を持つこと

ご承知の通りイップスの原因は、精神的(心理的)なことが原因ではありません。医科学的な情報をもとに選手へ説明してあげてください。
選手へまず行うことは、誤情報の払拭と客観的事実の説明です。そして該当選手の休養と運動機能の回復、動作の改善ではないでしょうか。更に言うなら今後の選手への期待と希望です。そして未来を見せていくコーチングが重要になってくるかと思います。※イップスの詳細については、本ホームページの「イップスとは」をご覧ください。

  • 過度なプレッシャーを与えない

そもそもイップスの選手は、競技の特定動作(投げる時、打つ時だけ等)だけ一連の機能的な動きが出来ません。従ってプレッシャーをかけた場合、どうなるかは想像出来るかと思います。もしプレッシャーかけて動作をさせると、イップスではない選手(単なるあがり症)とは比較にならない程、運動制御が困難になります。更に”イップス”の症状が酷くなってしまいます。
プレッシャーをかけて良いのは、一連の動作が定着した後、実践的な練習に入ってからの話です。この点は選手育成にも通じる話です。

  • ノースローを勧める

イップスは、運動障害であるため無理に投げさせないこと。特に本人の動感(運輸感覚)が好ましくない状態でのキャッチボールは、かえって好ましくない動作が更に定着しやすくなります。従って、暫く(最低2~3週間)ノースローを勧めてください。イップスになっている当該動作を全くさせないということです。リハビリ期間と捉えてください。オフシーズンであれば、キャッチボールも、シャドウも全くさせない(投げる一連の動作を控えてもらう)。その間、他のトレーニングを勧めてください。

臨時・期間限定コーチ依頼

チームで一定期間、レクチャーを希望される指導者の方へ

3日間~3ケ月程度を想定。イップスで上手く動作が出来ない選手への個別継続レクチャーは勿論、全選手へのイップス未然防止法、コーチング等もリクエストに応じてレクチャーいたします。ご希望の指導者はご相談ください。
TEL:090-3518-2196(お急ぎの方はお電話の方が早いです)


<メールでのご相談>