新年明けましておめでとうございます!!(ご挨拶)

2014年もいよいよ幕開けしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今後も選手、選手のご家族、監督、コーチの皆様のご支援が精一杯できるよう私も精進していまいりたいと思います。

さて、昨年を振りかえってみますと、私が想像していた以上の選手から多くの問い合わせをいただき、またレッスンを行ってまいりました。年末も29日が最終のレッスン。年明けは4日が最初のレッスンと、正直こんなにも多くの選手が「投げる」ことについて不安を抱えていることを改めて知った次第です。

意外にも年代によって(中学生、高校生、大学生、社会人)、それぞれ抱える不安は違うのかな?と思っておりましたが、なんの、まったくといっていいほど同じものでした。また、選手のパフォーマンスの高さに関係なくイップス症状が出現していることもわかってきました。

私が念頭においていることは以下のフレーズ。

からだとこころを連動(連携)している。影響し合っている。

からだに良い感触が得られれば、こころも安定する。

からだがスムーズに動けば、余計なことを考えずに済む。

からだが無意識に作動するよう、その動きのコツをつかめば、あとはパッケージにしてしまうこと。パッケージが再現性を生み出します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!