埼玉県の高校3年生へ2回目のレッスンを行いました。

1回目よりも2回目の今回の方が、短い距離でのキャッチボールが充実してきました。

指導内容はほぼ同じですが、今回は特に「バットスイング」に集中してレクチャー。バットスイングのコツを伝えました。

バットスイングは、バットスイングではなくボディスイングであることを伝えました。そしてその動作のコツが送球のコツ(感触)とほぼ重なるものである旨を説明。よりリンクして伝えていきました。

バットスイングのコツをつかむのと、投げるコツをつかむのは、ほぼ同時期にやってくるかもしれません。

その日により調子のよしあしはありますが、あせらず、惑わされず地道に練習を重ね、より良い感触を得てくれることを期待したい。

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!