神奈川県横浜市から大学2年生(外野手)がイップス症状改善のために来所しました。

神奈川県横浜市から大学2年生(外野手)がイップス改善レッスンに来所いただきました。約1時間半のレッスンの結果、まるで投手のようなスピンのかかったボールを投げるようになっていました。”荷重感覚”がよみがえった様子でした。

※もちろんまだ克服とまではいかないようですが、本人の中でなんらかの”気づき”があった様子。「投げてて心地良い!」と言っていました。・・この心地良い感触が大事。

帰り際には、改善、克服のための宿題なるものを提示させていただきました。2週間後に報告いただきます。

とても研究熱心な選手でした。また、もともと高校時代に投手をやっていたこともあり、投球センスを感じさせる選手でした!今後の活躍が期待できそうです!

ちなみに今回来所いただした理由は以下3つでした。

①「スローイングにおいて、全く力が入らない」

②「自分の送球フォームがわからない」

③「投げる過程で腕がロックされる」

他、身体が開いた状態で腕だけで振っているような気がする、なでてしまう、下半身主導を意識しすぎるあまり、おかしな状態になった・・考えながら投げている。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!