長野県から高校2年生(外野手)がイップス症状改善のために来所しました。

長野県から高校2年生(外野手)が、お父様と一緒にイップス改善レッスンのために来所しました。来所した理由は「投げるときに力が入らない」、「ひっかかる」、「抜ける」でした。

まず、なぜ投げるときに力が入らなくなるのか?、ひっかかるのか?、抜けるのか?という疑問について、私自身のイップス経験、イップス改善指導の経験、そして技術面からお伝えさせていただきました。その後キャッチボールを通して1球1球レクチャー。固定感覚を促すよう指導しました。1時間半、最後の最後あたりで身体が固定されはじめ、心地よい感覚がつかめてきた様子でした。

また、普段の練習でもイップス改善に役立つ練習をお伝えしました。それがロングティー。”心地よい荷重感覚”を得るために必要なことなのです。

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!