東京都内在住の大学3年生(内野手)がイップス症状改善のために来所しました。

東京都内在住の大学3年生(内野手)がイップス改善レッスンのために来所しました。

「送球が安定しない」、「腕が振れない」、「時々、とんでもない暴投をしてしまう」といった理由で来所。

まずキャッチボールを行い、その事実を確認。安定しない理由が、ある技術的な点が不足していることから発生していることを説明(身体の動きがメンタル面に反映していることを説明)。

30分ほどキャッチボールを行いながら、次第に利き腕と身体全体に充足した”心地よい荷重感覚”を感じはじめた様子。1球1球確認していく様子が見てとれました。本人もその心地よい感触が得られうれしそうにしていました。

レッスン終了後はショートコーチング。自ら継続できるよう練習時に留意する点を押さえていきました。

トレーニングサポート研究所

所長 松尾 明

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!